人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

不思議な縁

今の仕事は部活で苦しんでいる中高生の役に立てばと思ってはじめたので、創業当時はトップ選手のことなど全く頭にありませんでした。ところが縁とは不思議なものでとある秋の日、会社近くの海岸道路を駆け抜ける実業団選手の一群に出くわしました。しかも、なんとその中に農大出身の後輩を発見したのです。大分出身のN君でした。
その頃、学校というところに真正面から立ち向かっていた私たちは毎日打ち拉がれていました。学校長に直談判したり、教育委員会に行ったりしましたが、栄養補給の必要も、栄養学の啓蒙もなかなか必要を理解して頂けませんでした。小さな会社、実績のない私たちをどこまで信用したらよいか判断に困っていたこともあるでしょう。大きな理想を掲げてスタートしたのですが、いきなり精神的にピンチを迎えていました。
気がつくとN君の姿に引き寄せられるままに行動していました。練習を追いかけ、躊躇いもせず宿舎に飛び込みました。その時に応対下さったマネージャーのSさんが陸上界への扉を開いて下さったのです。早速、東日本実業団駅伝前の合宿で選手に話をさせていただくことになりました。これが私の記念すべき第1回栄養セミナーです。居並ぶトップ選手にありったけの知識や情報、考えをお伝えしたのだと思いますがすっかり舞い上がってしまいましたが、この経験が後に大きな自信になりました。
私は学生時代、N君たち駅伝部員に「マラソンマン」と呼ばれていました。合唱部なのに四六時中ジャージ姿でいつでも走っていたからです。時にはグランドを占拠してインターバルやペース走をやっていました。とにかく、駅伝部よりたくさん走れば速くなれると信じていました。そんな激しい学生時代がこんなところで報われました。後に白子から長生、一宮を抜けて岬までの海岸沿いコースは駅伝マラソンの調整合宿で多くの実業団や箱根駅伝のチームが利用していることを知りました。私たちの会社のすぐ近くが合宿のメッカだったなんて本当に不思議です。
by cf-seria | 2007-11-19 12:43 | スポーツ栄養アドバイザー