人気ブログランキング |

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

為末大のあとに続け!

スポーツは判断力を競う勝負だ。
ゲームの局面においてはもちろん、
それに至る過程でも、
常に最善策を選び続けなければ
国際舞台では勝てない。
いつ、いかなる状況でも、
精神と肉体をコントロールできる選手にのみ
勝利の女神は微笑む。

日本の陸上選手は
諸外国に比して温床で育てられすぎた。
自立した選手は皆無だと言っても過言ではない。
誰かが守ってくれたり、
誰かがやってくれる中では
本当に自分の手綱を操れる人間は育たない。
長距離に比べて短距離は厳しいと良く耳にする。
それでも日本でトップになれば企業が守ってくれる。
何の保証もない中で、
本気になってトップを目指している選手は殆どいなかった。

そうした状況の中で、
為末大が身をもって陸上界に一石を投じた。
その波紋の行方を見守りながら、
常に責任を感じつつ結果を追い求めている姿に
真のアスリート像を見る思いがする。
是非、彼のHP「侍ハードラー為末大オフィシャルサイト」を読んで欲しい。
日本の世界陸上惨敗の責任を一人で背負おうとしているのが分かる。
残念ながら彼の焦燥を本当に理解できる陸連関係者は皆無だ。
これまでの経緯を考えると、
彼ほど純粋に人生を賭けて陸上界の発展を考えた人間がいないからだ。
陸連ほど旧態依然とした権力主義のスポーツ組織はない。
本当の夜明けは陸連との決別の時か、
彼が組織改革をする時かも知れない。

日本人には自己責任という感覚が弱い。
工事現場で子供が怪我をしたら・・・。
日本では管理責任が問われることが多いだろう。
諸外国では危ないところに入った子供が悪いとされる。
どんな状況であろうとも自己責任のもとに解決しなければ
強い選手にはならないだろう。
為末大には北京でこそ、活躍して欲しい。
そして、組織や企業に頼らず、
マスコミに媚びることなく、
自らの力で立ち、
それでも陸上を愛し続けられるアスリートの出現を熱望する。
中高生諸君、為末大のあとに続け!

台風の日、
九十九里浜ではサーファーたちが命を賭けて高波に挑んでいた。
その目には陸上選手には感じられない気迫が漲っている。
この目の奥にあるのが愛するが故の勇気なのだろう。
by cf-seria | 2007-09-13 10:00 | スポーツ栄養アドバイザー