人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

夏バテ対策

今夏の甲子園も劇的な幕切れでした。
審判の判定問題も話題になっていますが、
あそこで緊張の糸が切れたのは事実でしょう。
これからの人生に活かして欲しいと願うばかりです。

猛暑の影響もあって、
夏バテ気味の相談が増えております。
疲れた、眠い、だるい、食欲がない、気力がない、力が入らない、手足がしびれるetc.
乗り物で座ると直ぐに寝てしまったり、
監督の話の最中に寝てしまうことや、
勉強などに集中出来なくなる
など日常生活にも影響が出てしまいます。
こうなったら大変です。
新人戦も間近。
せっかく頑張ったのに力が出せないんじゃもったいない。
そこで、夏バテ対策の秘訣をお教えします。

最近では水分補給時の飲み物としてスポーツドリンクが一般的になりました。
カラダから失われたミネラルや糖分を補うには適していますが、
飲み過ぎるとその糖分のとり過ぎになります。
若い選手たちは食事時にも飲んでいるようですね。
こうなるとエネルギー源が大量に体内に取り込まれることになるので、
食欲が減退しやすくなります。
また、糖分を処理するのにビタミンB群を消耗します。
こうなると体内でエネルギーが作り出せなくなります。
全身の倦怠感、足のむくみ、寝起きが悪いなどの症状がみられるでしょう。
更にアイスやジュースなどを好んで食べていると悪化させることになります。
このような場合はビタミンB群を多く含む食品をしっかり食べましょう。
豚肉の冷しゃぶに薬味を沢山乗せて食べるのもお勧めです。
また、胚芽などを多く含む食品。
小麦全粒粉クッキーや玄米、雑穀米などもお勧めします。

次に練習で頑張り過ぎ(過労)の場合。
筋肉が破壊されると細胞から老廃物や酵素が血中に流れ出します。
これを肝臓が処理します。
ですからハードな運動を何日も続けると肝臓が参ってしまいます。
症状はビタミンB群欠乏と似ていますが、
もっとぐったりした感じになります。
もう、背中や後頭部から布団に吸い付きたくなる様になったり、
力が入らない様な状態です。
頑張りたいのに体がついてこないような感覚から、
かなり焦ってしまいます。
ひどい場合は気持ちが切れてしまうケースもあるようです。
この場合は新鮮な魚貝類の出汁のきいたお澄ましやスープなどがお勧めです。
暑い夏ですが、寄せ鍋やちゃんこなども良いでしょう。
スープに栄養がたっぷり含まれていますから、
残り汁にご飯を入れて残さず食べましょう。

最後に貧血の場合。
発汗や筋肉破壊、長時間の運動で起こる体内溶血。
これらが貧血を引き起こす要因になります。
ただ、毎日しっかりタンパク質と鉄分を摂っていれば
バランスを保つことも可能なのですが、
対策を怠ってしまうとあっという間に貧血に陥ります。
手足がしびれたり、呼吸が上がりやすくなります。
一度なってしまうと回復にはある程度日数がかかります。
お勧めの食品は赤身の肉、魚類です。
高タンパクで吸収しやすいヘム鉄を多く含んでいるからです。
ホウレン草、ひじきよりよっぽど良いんですよ。
お弁当には佃煮、しぐれ煮などであれば傷む心配も要りません。
ただ、貧血状態の回復には一時的にまとまった量の鉄分を補給する必要があります。
指導者と相談して医師の診断を仰ぐか、
サプリメントを利用することをお勧めします。

以上は自分の競技経験と臨床例から考察した夏バテの話です。
僕自身、夏には本当に苦労してきました。
もし、中学高校時代に夏バテさえしていなければ、
更に上で競技を続けていく自信はありました。
私の知る限り、夏バテがきっかけで気持ちが切れて競技を止めた選手も多いのです。
できれば、来夏は対策を怠りなく万全で臨んで欲しいと思います。
手前味噌ではありますが、
夏バテ対策に効果的なサプリメントもご紹介しております。
B群不足にはセリアFe
肝臓にはセリア・ロブ
貧血にはジョブ
詳しくはセリアのホームページをご覧下さい。

更に、
熱帯夜が続く東京は寝不足もありますね。
また、日中のトレーニング時に熱中症気味になって
頭痛や悪寒を感じながら辛い夜を過ごしたりすることもあります。
このような場合は自律神経系が参ってしまっています。
出来るだけ規則正しい生活を維持しながら、
リラックス出来る環境を整えましょう。
昼寝をとったり、
シャワーを浴びたり、
音楽を聴いたりするのも良いでしょう。
体はストレスに対抗するために精一杯働きました。
うまく休ませてあげることでまた頑張れるはずです。
特に熟睡出来る環境整備にはご配慮下さい。
by cf-seria | 2007-08-23 11:11 | スポーツ栄養アドバイザー