人気ブログランキング |

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

スポーツドリンクを過信するな!

ようやく暑い夏がやって来た。
暑さに負けないために
処暑対策をお忘れなく。
帽子や着替えはもちろん、
十分な水分とバナナやクッキーなどの補食も持って出よう。
夏は傷みにくい食材に限ります。

そ、そうだ。
その前に十分な睡眠とバランスの良い朝食をしっかりとろう。
どちらが欠けても熱中症の危険度が高まることを知っておいて欲しい。
また、下痢などを起こしている時は必ず指導者に申し出ること。
既に脱水症状になっている可能性も高くとても危険だ。
とにかく、体調が優れない時は報告・連絡・相談すること。

それから一つ提案したい。
自分の体が何をどれだけ必要としているのか。
感じさせながら補給する方法だ。

水分補給時には先ず水(お茶を含む)を飲んで欲しいのだ。
これは飲みたいだけ飲めば良い。
次にスポーツドリンクを口にする。
是非、味わいながら少しずつ飲んで欲しい。
たった、これだけ。

こうすれば必要量の水分とミネラルは十分確保される上、
糖分とり過ぎの心配がなくなるのが良い。
体には適量を見極める能力が備わっている。
いきなりスポーツドリンクを口にしてしまうと、
必要以上の糖分をゴクゴク流し込んでしまうので、
体内のビタミンB群が欠乏して疲れを助長する危険がある。
おまけに食欲不振にもなりやすい。
練習後も同じこと。
水分補給、そして糖質ミネラル補給をして調子を整えること。
そうすれば自然と食欲も湧いてくるものだ。

オレンジを剥いて食べると果汁一リットル分なんてとても食べられない。
だけど、ジュースだとかなりゴクゴク飲めてしまう。
実はしっかり噛んで味わっているうちに脳が適量を見極めストップをかけているのだ。
体がもっている機能を活かしながらコンディショニングアップ!
厳しい夏期トレーニングが力になりますように。
by cf-seria | 2007-07-28 12:44 | スポーツ栄養アドバイザー