人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

夢と共に

松坂大輔の記者会見にはしびれたねぇ。
「夢という言葉は好きではありません」
「結婚や子供が生まれたときほどの緊張はありません」
どんな苦境でも頼りになる。
そう信じられる強さが漲っていた。
彼が成功しないで誰がする・・・。
活躍を信じたい。

ところで、夢半ばに道を閉ざされた人は
死んでも死にきれない。
そんなテーマがかつて
「フィールドオブドリームス」で描かれていた。
野球好きの亡き父の期待に応えられなかった息子に、
ある時どこからともなく声が聞こえる。
「それを作れば彼が来る」
神の啓示のような言葉。
それは父の魂の叫びだった。

強い人間になるには挫折も必要だ。
ただ、本人の意志とは異なるところで
止めさせると傷になる。
身体の傷は癒えても
心の傷は生涯消えない。
夢があるなら信じて応援して欲しい。
そして夢は夢で終わらせない。
全身全霊を傾ければきっと道は拓かれる。
男なら誰でもそんな力を授かって生を受けているはずだ。

声に従って畑をつぶして野球場が出来上がった。
やがて汚名を着せられ球界を去った
シューレス・ジョーが現れる。
「ここは天国か?」
彼は沢山の仲間を引き連れてきた。
そこにはメジャーを夢見てプレーしている父の姿もあった。
息子の知っているよれよれのガンコ親爺ではなく、
ユニフォームのよく似合う凛々しい若者だった。
「キャッチボールしよう」
夢が共有出来たらどんなに幸せだろうか。
そこには男の心情が爽やかに描かれていた。
by cf-seria | 2007-01-17 10:19 | スポーツ栄養アドバイザー