人気ブログランキング |

スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

ちょっとおかしいと思います。

明日、全国高校駅伝大会が行われます。
特定のチームを贔屓する気持ちはありません。
ただただ、携わった選手やチームのみなさんが
思い通りの走りを見せてくれることを祈ってます。
勝っても負けても大人になる前に
これほどの経験が出来るのですから、
良い財産にしてステップアップして欲しいと思います。

ところで、NHKの駅伝に対する入れ込み様には
少し首を傾げてしまいます。
確かに、今や夏の甲子園、冬の高校駅伝と
学校関係者の間で注目されているのは分かります。
注目度が上がれば選手のやりがいも増すかも知れません。
ただ、毎年、勝負への興味を駆り立て過ぎていると思うのです。
しかも、年々エスカレートているようで納得出来ません。
偏った放送にかえって興味が削がれる思いでいます。

もちろん、競技スポーツですから勝敗は大事です。
私だって、その当事者の一人ですから、
それは十分分かっています。
でも、それは本人たちの問題です。
見る側にはもっと自由にさせて欲しいのです。
注目選手や優勝候補予想などは必要ありません。
あくまで高校駅伝であり学校スポーツの領域ですから、
もっと公平に扱うことを求めます。
そもそも公共放送を名乗っていらっしゃるではないですか。

解説者に親しい方もいらっしゃいます。
お会いする度に苦言を呈しています。
私の言い分も随分理解して下さいます。
ただ、テレビ放送の権力は絶大です。
現場でそれも体感させられています。

出場チームや選手はそれぞれに人には言えない
艱難辛苦を乗り越えて晴れ舞台にやって来た訳です。
都大路で応援出来ないご家族だっていることでしょう。
例えアクシデントがあって遅れてしまっても、
無名の選手であっても、
等しく映してあげて欲しいのです。
それでこそ公共放送だと私は思います。

ホームページを充実されようとしているのも分かりますが、
テレビしか見られない人たちこそ大事に扱って欲しいのです。
画面から余計な情報を見聞きさせられるのではなく、
高校生たちが本当に輝いている姿が
そのまま映し出されさえすればいいのに・・・。
私たちは勝者にしか興味の無い人間ではないのだから。
by cf-seria | 2006-12-23 11:53 | スポーツ栄養アドバイザー