スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

青虫

或る監督さんから青虫を捕って欲しいと頼まれました。
山根さんなら田舎住まいだからと奥様に言われたそうです。
早速、恩師の有機無農薬農園を訪ねました。
畝に並んだキャベツには無数の穴が開けられていました。
無農薬の野菜が美味しいことは
人間様より蝶々のほうがよくご存じでありました。
しかも、よくよく見てみると
立派に生育しているキャベツほど青虫が多くいるのです。
作物から発散される芳香物質などを頼りにやってくる昆虫たちは
私などには分からない僅かな差をも感じ取っているのですね。
命懸けで・・・。
小さいのやら大きいのやら、
あっという間に青虫の大漁となりました。
「お陰様で青虫は元気にしております。」
と昆虫飼育に夢中になっているという
小学生のお嬢様からお電話いただきました。
「エサはよく洗ってね。」
実は学校のビオトープで分けてもらった青虫が
死んでしまったというのがことの始まりだったのです。
青虫が死んでしまうキャベツを考えると・・・。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-30 10:57 | スポーツ栄養アドバイザー

握手

f0036759_112636.jpg

今夏のインターハイは埼玉県。
陸上会場は猛暑で知られる熊谷市。
特別に暑い夏になるかも知れませんね。
県総体、地区大会を勝ち抜いた選手諸君、
どうぞ覚悟して万全の準備で臨んで下さい。
技術、体力、精神力はもちろんですが、
暑さ対策もお忘れなく。

関東大会では大勢の選手スタッフのみなさんと握手をしました。
日本で普通に生活していたら
これほど握手をする機会はなかったでしょう。
幸せのお裾分け、本当に有り難いことです。

実は春先に右手薬指の中指骨を骨折しました。
と言っても日常生活では
タオルが絞れず多少の不便を感じる程度。
いずれ回復するだろうと放っておきました。
ところが先日、オーストラリアからお客様いらっしゃった際に
握手をしたときに激痛が走りました。
その痛かったこと・・・。
思わず顔が引きつりました。

インターハイ出場を決めた選手たちや
監督のみなさんとはやっぱり言葉より握手です。
思い出したように激痛が走ります。
でも、みんなガッチリ握って離してくれません。
笑顔の裏で痛さを堪えるのに必死でした。

9月にはオーストラリアとニュージーランドへ出かけます。
それまでには何としても普通に握手が出来るように
回復していると良いのですが・・・。

※写真は出場全種目でインターハイ出場を決めた
 市立松戸高校のみなさんです。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-24 11:52 | スポーツ栄養アドバイザー
地震から一週間が経ちました。
数日前に一関学院高校陸上部の先生に電話しました。
断水や停電家庭があるものの直接の被害にあった選手はいないそうです。
学校も色々物が壊れたり被害があるものの怪我などはなかったようで安心です。
地震発生当時、グランドにいた野球部員が全員尻餅をついたとか。
それだけでも揺れの凄さが伝わってきました。
そんな最中、陸上部員がインターハイ出場を決めたそうです。
ご活躍を祈ります。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-21 11:12 | スポーツ栄養アドバイザー

挑戦状

広島の後輩から挑戦状が届きました。
いやいや少々大げさに言い過ぎました。
世羅陸協に所属し
駅伝マラソントライアスロンで活躍する後輩から
一緒の大会に出場しましょうという誘いです。
観光ラベンダー農園を営んでいるので、
7月までは忙しいとのこと。
8月に何かと探していますが、
先ずは小手調べ。
手頃な大会を物色中です。
わざわざ広島から上京させることになるので、
慎重に選ばなければと思っています。
さてさて何にしよう・・・。
自転車が嫌だから、
トライアスロンの勝負だけは今のところ考えていません。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-19 09:40 | スポーツ栄養アドバイザー

父の日

もうすぐ父の日ですね。
近くにいながらなかなか足が向かずにいます。
みなさんは如何でしょうか。

この8月で79歳になりますが、
仕事もアーチェリーも現役張ってます。
来年、事情が許せば一緒にシドニーで行われる
マスターズゲームに出場したいと考えています。
お互い頑張らねば。

そんな父ですが、
春先、運転中に脳梗塞を起こして
自爆事故を起こしたのであります。
お陰様で大事には至らなず、
誰も巻き込むこともなく済んだのが幸いです。
梗塞の跡も見つからず今は元気です。

洋服でもと思ったのですが、
サイズの見当もつきません。
ダメですね。
そうそう、甥っ子に服を買ったら、
着られるようになったのが3年後・・・。
電話でもしますか。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-12 12:50 | スポーツ栄養アドバイザー

実は・・・

このところ体調がよくありません。
と言っても病気なのではなく、
どこかスッキリしないのであります。
見かけによらずどうもデリケートで
情けない自分にガッカリです。
気圧の所為だと嘘でも思いたい。
仰ぎ見る薄曇りの空の光が目に痛い。

やる気は十分でも体がついてこない。
疲れるだけならまだ良いのですが、
そんな中、言いようのない不調に襲われます。
いつも元気でありたい。
でも難しい。
自分にほとほと困っています。

高校時代にノックを浴びながら
遠のいていく意識の中で
「何でだ!」と思いました。
そんなコンプレックスが
今の仕事へと導いてくれたのかも知れません。

多少調子が悪かろうと
体は必ず動かすようにしています。
最初は嫌な汗でも
徐々に体が落ち着いてくる。
そうか、体に馴染むように運動すれば良いんだ。
40歳後半になって漸く少し出来るようになりました。
それでも加減が難しい。
厄介な体です。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-07 10:04 | はじめの一歩
神奈川県で痛ましい出来事がありました。
ウオーミングアップ中の選手同士が衝突してしまったのです。
現場に居合わせた先生に直接お話をうかがうことができましたが、
関係者の皆様のお気持ちを思うと居たたまれない気持ちで一杯です。
出場される選手のみなさんがどれほどの思いで大会に臨んでいるか。
ましてや高校生活という限られたチャンスに懸ける気持ちは
相当なものがあったことでしょう。
調整に夢中になってしまうのは仕方のないことだったでしょう。
ただ、避けられない事故ではなかったと思うのです。
晴れの舞台に集った選手に優劣はありません。
その場にいるお互いをもっと尊敬し合い、
思いやっていれば例え練習中でもぶつかったり、
不快に思うようなことは避けられることでしょう。
限られたスペースに人が溢れそうな中でのアップですから、
声をかけ合い、譲り合い、助け合いながら調整する気持ちが必要だと思います。
昨年、水泳のジャパンマスターズに初出場しましたが、
やはり出場者が多くサブプールは水しぶきで50メートル先も
見えにくいほど混み合っていました。
年齢層に幅があることもあってでしょうが、
力に関係なく順序よくレーンを分け合って泳いでいました。
初心者の私は緊張感こそありましたが、
臆することなく流れに乗ることができました。
人の織りなす社会の中でルールを守り、
誰もが安全に暮らしていけるように工夫する。
それこそがスポーツマンシップではないでしょうか。
社会は競技役員の管理責任を問うかも知れませんが、
私は出場する選手のモラル向上を呼びかけたいと思います。

そう言えば運転中に良く思うことがあります。
昔に比べて合流のストレス増えてませんか。
私は合流の先端で交互に入れば良いと思うのですが、
ずいぶん手前で強引に入ったり、
先端で入れさせてくれなかったり、
意地悪なのか、下手なのかも掴みにくい。
何か違和感を感じています。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-05 09:51 | スポーツ栄養アドバイザー
さぁ、いよいよ来月に迫ったコンサートのお知らせです。
皆さんのお越しをお待ちしております。
過去の御来場者の中から3名の五輪陸上代表選手が誕生しました。
アスリートにも絶対オススメします。
9月には演奏旅行も控えています。
実は私が走ることよりも
泳ぐことよりも
ラグビーや
野球をやることよりも
一番力入れているのが合唱だなんて
信じられない人の方が多いかも知れません。
それぞれの分野でしか知らない人は必見です。
もっとも元気な私は、実はここにあるのですから。
見て、聴いたら、余計に信じられないことでしょう。


男声合唱団コール・ファーマー
第16回オーストラリア・ニュージーランド親善演奏旅行記念
第71回定期演奏会
指揮・編曲 升本 弘
ピアノ   湯山優子
2008年7月6日(日)14時開演
東京お茶の水カザルスホール
入場料 一般¥3000− 学生¥1000−

1st stage
男声合唱歌曲集シューベルト「美しき水車屋の娘」より

2nd stage
日本歌曲より 花 初恋 林檎の花が降りそそぐ 信田の藪 落葉松

3rd stage
A La Carte

お問い合わせはtake4sun@lilac.plala.or.jp山根まで
[PR]
by cf-seria | 2008-06-02 15:00 | 音楽と私