スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0036759_1154552.jpg
スポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.30
先生って素晴らしい


こんばんは。
みなさん、お元気ですか・・・。
私は先週ずっと学生たちと一緒に過ごしていたので
テンション高いままの状態です。
エネルギーの足りない奴らにパワーを注入するのですから
普段の3倍くらいは消耗したかもしれません。
それでも朝5時から深夜まで気を張って生活できたのですから、
学生たちには感謝しております。
何だかんだ言ってもへこたれない若さは素晴らしいと思います。
ましてや私のようにおっかない先輩の家へ修行に来たわけですから、
それだけでも認めてやりたいと思っています。
将来を担う若者たちですから、
もっと勇気や高い志を抱いてもらえるように
これからもしっかりつきあってやらねばと思っています。

ところで、今夜22時からNHK総合「爆問学問SP」に叔父が出演します。
お時間のある方は是非、ご覧下さい。
私のブログにも叔父のホームページがリンクしてあります。
爆笑問題とのやりとりにだけに若干の不安もありますが、
私が心配するのもおこがましいことでしょう。
是非、どうぞ。
[PR]
by cf-seria | 2008-03-25 20:22 | アスリート御膳

こんな朝食です。

f0036759_8402827.jpg


合宿4日目になりました。
今朝の朝食のメニューは
菜の花のおひたし
大根葉のおひたし
明太子

キャベツと豚肉と玉子の蒸し焼き(カレー味)
大根おろし
イカナゴ(自家製)
十六穀米
バナナ
みかん
以上、ご紹介します。
[PR]
by cf-seria | 2008-03-19 08:41 | アスリート御膳

只今、合宿中!

f0036759_1154552.jpg
スポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.29
水泳界に学ぶ


日曜日から東農大の学生2名が我が家にて合宿しております。
もちろん、駅伝部ではありません。
合唱団の後輩たちです。
正しい生活習慣を身に付けさせ、
勉強、トレーニングを通じて
将来を担うための自覚と自身と実力をつけることが目的です。
若者が力をつけるにはこれが一番です。
真面目な生活ができるようになり、
元気で健康なカラダになれば、
夢も勇気も簡単に手に入れることができる。
僕もまた学生時代にそう教わりました。
だから自信を持って卒業できたのだと
今、感謝しています。

朝5時に起床し、深夜0時の就寝まで
休みなくスケジュールをこなしています。
まだまだどうしようもない学生たちですが、
手の掛かる奴ほど可愛いものでありまして
必ずや成長してくれることと期待しております。
20日からは20歳代のメンバーも合流し、
さらに密度の濃い時間を過ごす予定になっています。

我が家から程近い白子では
今日から駒澤大学が合宿を行う予定とうかがっています。
もし、駒澤の学生が同じメニューをこなしたら、
1日も持たないでしょう・・・。
合唱団の合宿と侮るなかれ!
ご理解頂くのが難しいことと思いますが、
僕らの合宿は運動部よりハードです。
ど根性野球部出身の私がそう思うのですから間違いありません。
何せ休む暇なく頭も使いますから、
これがしんどいんです。
しかも、おっかない大先輩のお宅にいるわけですから
寝ている時間以外は気の休まる暇もありません。
彼らの表情から決死の覚悟でやって来たのがよく分かりました。

ランニングは朝夕2回。
一人は往復10キロコース。
もう一人は往復15キロコースを走っています。
20日からは距離も伸びそうです。
そんな学生たちにどうぞご声援下さい。
[PR]
by cf-seria | 2008-03-18 11:41 | スポーツ栄養アドバイザー
NHK特集の「ミラクルボディー」シリーズは
大変興味深いプログラムになっている。

第1回放送分は残念ながら見逃してしまったが
陸上100メートルの「アサファ・パウエル」。
第2回はアテネで8冠達成に注目が集まる「マイケル・フェルプス」。
技術的な興味もさることながら、
やはりベーシックなトレーニングと食事に注目してみた。
ヘッドコーチによると彼と出会ってから
5年間1日も練習を休まなかったそうだ。
疲れだとか具合が悪いというのはまったく休む理由にしなかったという。

基本的には1日6時間16000メートル。
食事の摂取量は1日5食8000キロカロリー。
今の日本の成人男性の摂取量の4倍近くになる。
この期間に彼のもっとも特徴的だった持久力を強化したという。
そもそも成長期には持久力がもっとも発達する。
これは高校の保健体育の教科書に載っていることだ。
そこを徹底的に強化したことによって強靱な肉体の土台がつくられた。
その他を圧倒する強さを育んだのは
人の成長のサイクルを考えた上での徹底した体力強化と
それを支えた食事にあったということだ。
因みに私が指導する高校ラグビー部の基本メニューが5000キロカロリー。
ところが、最近はどんどん食事量を減らす方向になってきている。
やはり「食べられない」=「弱い」ということが当てはまりそうだ。

今、彼が毎日行っているトレーニングがどれほど厳しいのか。
比較対象として日本のトップスイマーがチャレンジしていた。
ほんの数秒も耐えられないほど厳しいドリルだということが証明された。
北京直前のこの時期にトレーニングを公開したのは
誰にも真似のできない域に達しているという自身に他ならない。
是非、前人未踏の8冠達成に期待したい。
[PR]
by cf-seria | 2008-03-17 09:59 | スポーツ栄養アドバイザー

Qちゃんの走りに思う

f0036759_1154552.jpg
スポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.28
合宿で学ぶこと


色々疑問の残る走りでしたね。
翌日、近しい関係者にお話をうかがいました。
結局、事情はよく分かりませんでしたが、
大きな意味では「指導者不在」の影響だと推察します。
直前までは順調だったと言われていますが、
削りすぎた鉛筆はやはり折れやすかったのかも知れません。

どんな世界でもプロを見るプロがいます。
ゴルフなどは有名ですね。
クラシックの演奏家などもレッスンを受けています。
研ぎ澄まされたギリギリの様子を
客観的に判断していくれる人が絶対に必要なのです。
独立後の活躍を祈ると同時に、
良い意味できちんとアドバイスしてくれる
コーチとの出会いがあって欲しいと密かに思っています。

陸上は厳しいと思っている選手も多いでしょうが、
実は命がけのスポーツはたくさんあって、
その人たちの大胆且つ慎重な物事の進め方をみると、
まだまだ甘いように思います。
並外れた努力も、調査や準備が完璧でも、
大自然の驚異には太刀打ちできないことを知っているからこそ、
良き理解者、助言者、パートナーを探すのだろうと思います。
仕事でもそうだなぁと思うことがありせんか・・・。

友人でも一歩踏み込んでくれる奴の意見が貴重だったりします。
いつも叱って下さる恩師や先輩が大事です。
「良いよ、良いよ」
は小出さんの口癖だったようですが、
実はそれ以外の厳しさが力になっていたことでしょう。
自立心旺盛な立派なアスリートだからこそ、
新たなる良い出会いがあれば再び走れると密かに思っています。
[PR]
by cf-seria | 2008-03-12 09:10 | スポーツ栄養アドバイザー

懐かしの一枚

f0036759_9275139.jpg
大学の後輩から懐かしい写真と共に
「また、一緒に走りたいですね。」
と一文添えてありました。
彼は今、広島県の世羅陸協所属し
マラソンやトライアスロンに活躍中。
「よし、いっちょやるか」
楽しみがまたひとつ、増えました。

※写真提供 黒瀬優太(ゼッケン77)
      山根武司(ゼッケン81)
[PR]
by cf-seria | 2008-03-06 09:45 | はじめの一歩

千葉県民マラソン2

f0036759_923169.jpg
f0036759_9232252.jpg
千葉県民マラソンは今年から富津海浜公園周回コースになりました。
埋め立てられた工業用地は日本全国どこも似ていますね。
写真だけではどこだかさっぱり分かりません。
10キロに出場された皆さん、
競技役員の誘導ミスで1.6キロほど長く走ってしまったそうです。
記録証を手にガッカリされた方も多かったことでしょう。
新聞の片隅にお詫びが掲載されていました。
尚、3/6付の千葉日報に掲載される全記録表には
8組11.6キロの記録として発表されるそうです。
取り急ぎ、ご報告まで。

※写真提供 Chibikoba君
[PR]
by cf-seria | 2008-03-05 09:28 | スポーツ栄養アドバイザー

千葉県民マラソン

f0036759_1154552.jpg
スポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.27
クロカンのすすめ3

f0036759_9431719.jpg
日曜日、今年から新設されたハーフに出場しました。
会場も富津海浜公園に移り、
「新装オープン」の活気が漂う中、
お天気にも恵まれ町中に浮かれ気分が充満していて
春らしい良い1日となりました。
数こそ少なかったのですが、
沿道の声援も温かく走りにも集中しやすいレースになりました。

3キロ過ぎくらいから並走してくれたランナーのおかげで
何とか15キロくらいまでは1キロ4分ペースを維持できました。
でも、やはり体重がじわじわ負担になっていた所為でしょうか、
残り5キロは筋肉が痛くてピッチが上げられません。
何とか1時間28分台でゴール。
今の自分としてはよく走れたかなと思っています。
だからといってスピードへのチャレンジも諦めた訳ではありません。
かつてのライバルたちがクラス別で5キロの上位に顔を揃えています。
秋のロード、駅伝シーズンに向けて、
今からスタミナとスピード強化を楽しもうと思います。

3/3付千葉日報一面写真の左上にかすかに私の肩と帽子が確認できました。
前に出ておけば良かった・・・。

[PR]
by cf-seria | 2008-03-04 10:13 | スポーツ栄養アドバイザー