スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

外房から見る富士山

f0036759_9184534.jpg
昨日は冷たく乾いた北風が吹きました。
こんな日のせめてもの楽しみ。
夕日に沈む富士山を見る。
城跡の展望台に登ってみました。
ねぇ、見えるでしょ。
f0036759_9212420.jpg
f0036759_1154552.jpgスポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.17
好評配信中!

[PR]
by cf-seria | 2007-12-25 09:21 | スポーツ栄養アドバイザー
実は世田谷で歌ってました。
地元の餅つき大会にお招きいただいたのです。
f0036759_10124619.jpg

会場には相撲部の姿もちらほら見られました。
昔の学生さんはもっと地域に根ざして生活していたのでしょう。
こうして今の時代にお招きいただけることは有り難いことです。
子供たちも大人しく楽しそうに聴いてくれました。
f0036759_1025485.jpg

その前に農大に寄ってきました。
女子長距離陣は今日の選抜駅伝大会に出場します。
(テレビ東京で放送予定)

ところで都大路を駆け抜けた選手の皆さん、
スタッフ、関係者、保護者の皆さま、
本当にお疲れ様でした。

また、来年に向けてお力になれればと思っています。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-24 10:32 | スポーツ栄養アドバイザー
先日、母校の農大を訪れた。
すっかり変わり果てたキャンパスの
古くさい箇所だけが懐かしかった。

野球場のバックスクリーン裏に
大きなマンションが建っているのには驚いた。
大学はまだ歩みがのろいのかも知れない。

あの時もここからグランドを眺めていたっけ。
不意に後ろから肩を叩かれ振り向いた。
「君、良いカラダしてるね。合唱やらない?」

応援団の叫び声から逃げ出したくなるほど、
この大学が嫌で嫌で堪らなかった。
そんな時、ブレザー姿の先輩に惹かれるものがあった。

生協に立ち寄ると大学グッズはずらりと並んでいた。
久々の箱根駅伝出場とあって襷がけしたマスコットがあった。
ビニル製の空気で膨らませる大根も並んでいた。

「農大名物大根踊り」
箱根の風物詩と言うけれど、
それも今は昔。
高校生には知られていないのが寂しい。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-20 10:07 | スポーツ栄養アドバイザー

強く生きる・・・

 華麗なドリブルでディフェンスをかわしゴールを決めた瞬間、走り出しながらユニフォームを勢いよくまくり上げた。白いアンダーシャツの胸には「BELONG TO JESUS〜神と共に〜」の大きな文字。サッカー選手として欲しいタイトルをすべて手にしたカカ。その拳を握りしめ両腕を突き上げる姿の何と強く逞しいことか。できることなら彫像にしたいと思った。

 脳学者によると人間が人間であることの一番の違いは脳の前頭前野の発達にあるそうだ。すべての情動行動はここで指示制御されている。動物として生き抜く本能さえもこの支配下にある。つまり、人間は考えのもとに行動する動物としてどう生きるかをいつも考えなければならない。その量は為し得るものの偉大さに比例する。

 一方で国内に目を向けると痛ましい事件があとを絶たない。その惨状はとても人の仕業ではない。考えればわかりそうなのにと思うことばかりだ。つまり人は考えること、人間であることを放棄した途端に悪魔と化してしまう。自らの情動行動の指示制御が利かなくなり何かがきっかけとなって一気に爆発する。煩雑な日常を考えると誰もがその火種を持っている可能性が高い。

 言いたいことが上手く書けない・・・。
ともかく、どんな困難にあっても考えることを放棄せず、人として生き抜くためには強い意志が必要なんだ。それは哲学かも知れない。また、信仰かも知れない。強くある。僕自身もこれが生きる上で大きな課題だと思っている。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-17 14:00 | スポーツ栄養アドバイザー

高校ラグビー

我が流経柏ラグビー部はシード校になりました。
シードがない年は23日くらいから現地に入りますが、
今回は26日からになります。
2日3日の違いはこの時期大きいですね。
怪我や故障を抱えた選手には1日でも有り難いことでしょう。
万全で臨めるよう祈ってます。

ところで、ラグビー部の移動は大変です。
タックルマシーンやウエイトもありますから、
選手とは別にトラックもチャーターになるんです。
私の方は現在、旅行代理店や宿舎の方と食事メニュー調整を行っています。
年末年始は私の所属する合唱団の合宿などもあり
なかなか花園へ行くことが出来ません。
順調に勝ち進むと決勝は毎年1月7日。
私の誕生日。
ぜひ、いつか決勝を花園で迎えられる日がくるように
心待ちにしながら活躍を応援しています。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-15 11:24 | スポーツ栄養アドバイザー

ショック!

f0036759_8445518.jpg
千葉は今、圏央道の工事でもの凄い数のダンプが走ってます。
開通すれば便利なのですが、狭い田舎道でダンプとのすれ違いはちょっと疲れます。
東京へ抜けるにはどうしても房総丘陵の工事区間を抜けなければなりません。
先週、飛び石でフロントガラスにヒビが入りました。
年の瀬に痛い!
今日から愛車は修理工場行きです。
皆さんも走行中の飛び石にはご注意下さい。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-13 08:47 | スポーツ栄養アドバイザー

ぜひ、どうぞ。

〜メルマガ「セリア通信vo.15」毎週火曜日配信中〜
只今、試合前のコンディショニングについて特集しています。明日配信の15号ではウォーミングアップを考察します。どうぞ、試合にミーティングにお役立て下さい。最近は「ブログ見ました。メルマガ登録しました。」と声を掛けて下さる方が増えました。授業の話題に取り上げて下さった先生もいらっしゃいました。とても嬉しく思っています。尚、セリア通信はどなたでもホームページから簡単にご登録いただけます。バックナンバーもご覧頂けます。携帯・PCでアクセスしてみて下さい。

〜男声合唱団コールファーマー40周年記念演奏会のお知らせ〜
来る2008年1月27日(日)午後2時より
お茶の水カザルスホールにてコンサートを行います。
大好評のシューベルト歌曲「水車屋の娘」をはじめ、
40年の歴史に相応しい日本歌曲や世界の名曲の数々を歌います。
私も恥ずかしながら歌い続けて25年の節目を迎えました。
これも皆さまのご支援ご協力の賜物と本当に感謝しております。
まだまだ私の風貌と音楽が結びつかない人も多いようですが、
どうぞ本当か否か確かめに来て下さい。
決して後悔させません。
コンサートの詳細はホームページをご覧下さい。
尚、チケットには限りがありますので、
どうぞお早めに山根まで。
take4sun@lilac.plala.or.jp
メールお待ちしております。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-10 16:19 | 音楽と私

襷に注意!

無念の繰り上げスタート後、
誰もいない中継所へ駆け込む選手が痛々しい。
時に力に、時に重くのしかかる襷。
駅伝の魅力は襷なしにはあり得ない。

今となっては遠い昔の話。
と或る選手が大きな期待を背負って一区を任された。
沿道で応援するチームメートが彼の姿を見て異変に気付いた。
彼の胸に襷がない・・・。

スタッフは慌てたが幸いにも周回コースだった。
すぐに第2走者に指示がとんだ。
襷をパンツに入れて中継しろ!
それしか方法がなかった。

問題は中継所。
襷リレーが出来なければ失格だ。
期待通りの好走で勢いよく駆け込ん出来た。
「はい、頼んだぞ!」
大きな声を上げ差し出した両手には襷が握りしめられていた。
受け取った二区の選手は瞬時に状況を理解したらしい。
「よし!」
と言って先を行く選手を追って行った。

ゴール後駆け寄った私に彼は小声で言った。
ハチマキ差し出しました。
機転の利く彼は今、立派に会社を経営している。
とは言え、一区の皆さん、大事なハチマキどうぞお忘れなく。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-05 10:34 | スポーツ栄養アドバイザー

インフルエンザ流行中

今年は「Aソ連型」が猛威をふるっているという。
発表によるとこの20年で最も早い流行だそうだ。
ウイルス感染は症状が落ち着いてから
体力が戻るまでにかなりの時間を要する。
今、かかると年末年始の試合にベストで臨むのは難しいだろう。
大事な大会を控えた諸君はくれぐれも注意して欲しい。
インフルエンザウイルスは湿気に弱い。
加湿器などを上手に使って室内の湿度を上げよう。
もちろん、手洗い、うがいの励行を忘れるな。

遠征先の宿舎の浴槽に水を張っておく人がいる。
この際に注意して欲しいのは水蒸気。
一気に水蒸気が室内に立ちこめると、
火災警報機が鳴ることがあるからどうぞ慎重に。
スポーツ選手の宿舎で起こる警報機騒ぎの殆どが
浴槽の水蒸気が原因のようだ。
敏感な警報機のお蔭で安心して泊まれる訳だから・・・。
[PR]
by cf-seria | 2007-12-04 20:23 | スポーツ栄養アドバイザー

心に響く言葉。

これは直接聞いた言葉でないのです。
先輩から伝え聞いた恩師の言葉。
なるほど・・・。
決して優しい言葉でもなく、
さりとて厳しい言葉でもなく、
今の自分を戒め、
未来に楔を打ち込んでくれる良い言葉です。
「自分の出来る範囲で物事をやっていても、社会が進歩すればそれは、後退に過ぎない。

こういう適切な言葉で言い当ててくれるって、
やっぱり普通の人じゃないと思います。

何だか走りたくなりませんか???
[PR]
by cf-seria | 2007-12-03 10:42 | はじめの一歩