スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

食の安全と無駄

ある大手製パン会社に永年ご勤務されている先輩にお会いする好機があった。毎日、販売期限を過ぎて引き上げられてきた大量のパンに心を痛めているそうだ。これをすべて廃棄している企業の現状を沈痛な面持ちで教えて下さった。「こんなこと許されるものではない。」と遠い目をして語って下さった。

その一方で我々の生活を守ろうと法整備を勧めて下さった先輩もいる。食品メーカーの企業責任が問われる昨今、奇しくも注目の的となった。もちろん、事故があってはならないことは言うまでもないのだが、どこで線引きするかで食を取り巻く状況は一変してしまう。

コンビニでも毎日大量のお弁当が販売期限切れとなり廃棄されている。まだ、食べられる食品がその瞬間から産廃になってしまう。これを家畜飼料として有効利用しようというプロジェクトの存在を後輩から聞かされた。そのプラントに程近い同じ千葉県内でおからの不法投棄が話題になっているのが現状だ。採算ベースにのるかそるかに正義も揺れる。

スーパーには毎日信じられないほど沢山の食品が並んでいる。果たして、そのすべてが期限内に販売され食されているのだろうか。はなはだ疑問である。人の数ほど嗜好もあろう。だが、小さな田舎のスーパーには有り余る量だといつも疑っている。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-28 10:39 | スポーツ栄養アドバイザー

一歩踏み出して

今年はマスターズ水泳初挑戦。これは大きな経験となった。未知の世界へ足を踏み入れることへの不安は想像を遥かに上回った。年齢の所為もあるかも知れない。要らない常識が勝手な想像を膨らませてしまったかも知れない。スタート台を前に恐怖さえ感じた。何て情けない。でも、これが現実だ。

この数年の自分が如何に知ったかぶりでいたか。安定した場所に胡座をかいていたかを思い知らされた気がする。思えば今の仕事を開拓しようとスタートした頃、毎日毎日世間の壁に跳ね返され打ち拉がれていた。高い理想と正義感ではじめたこととはいえ、現実はとても厳しかった。開拓者はいつも先頭で真っ暗闇を突き進むしかない。

安定は人を臆病にする。いつしか扉を閉ざし自分の殻にこもってしまう。あとは退化の一途を辿るだけだ。そんなつもりはなかったのに、いつしか自分がそうなっていた。若い頃に産出し続けた生命力の貯金は出来ないのだ。あの手この手で燃やし続ける。そう決心して苦手にチャレンジした。

スポーツは素晴らしい。ダメな自分をさらけ出してくれる。ダメな時こそ走ってみるものだ。さらけ出された惨めな自分に気がついたことが幸いだった。ロードレースや走る機会を作り続けてくれた仲間にも感謝している。ダメになっているのはスポーツに限ったことではないと思う。すっかり臆病になった自分が大勢いる。口ばっかりの嫌われオヤジならないようにあれもこれもと思っている。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-26 11:47 | はじめの一歩
ちょっとややこしいのですが、
李選手は僕の友だちの友だちの息子です。
彼のお父さんは深川育ち。
やんちゃだった学生時代の逸話を色々聞いてます。
まさに映画「パッチギ」そのものです。
これって井筒監督、知ってるのかなぁ。
直接面識はないのですが、
日の丸背負って活躍する息子さんの姿には感動していることでしょう。
友人には電話があったそうです。
「息子がサッカーで活躍してるんだけど」
「そうなんだ・・・無言」
知らないってことは恐ろしいですね。
今は焼き肉屋さんを営んでいるそうです。
ニンニク苦手だから店には行けそうにないですが、
いつかお会いする機会もあるかも知れません。
反町監督はいつもメルマガを編集して下さっている
マサコさんのお兄様の高校時代のチームメートだと聞いています。
五輪代表も負けはこれまで1試合だそうですが、
苦戦が続き苦しい立場に追い込まれているように思いました。
勝って当たり前から内容まで問われるほど
日本のサッカーも進化しているのでしょう。
オシムの病気もあったり本当に大変な最終戦だったことでしょう。
北京五輪切符獲得、おめでとうございます。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-21 23:00 | スポーツ栄養アドバイザー

東京国際女子マラソン

野口さん、快走しましたね。
世界最高レベルを維持し続けることが
どれだけ大変なことなのか想像も出来ません。
競技選手は山の頂にあるようなもの。
登れば登るほど険しく不安定です。
一歩間違えば転落の危険もはらんでいます。
感動しました。
有り難う。

数週間前の日曜日早朝、
学生を誘って久々に皇居を走りました。
上り調子の若者相手に15km行くぞ!
と意気込んだのでありました。
走り始めると思いの外快調。
感触を楽しみながら半蔵門から飛ぶように走っていたのですが、
横をスッと抜けていく風を感じました。
あのランニングフォーム、ウエアーの格好良さ。
あの谷川真理さんに間違いありませんでした。
彼女は全くの同世代。
まだジョガーも少なく多少の優越感すら覚えながら
それなりのつもりで走っていたのですが
本物はさすがに違いますね。
「オイ、見たか?」
慌てて追っかけようと思い横の学生に合図を送ると、
唇をグッと閉じながら青い顔して遠くを見つめてました・・・。

消えゆく後ろ姿に別れを告げ、
生唾飲み込む学生の様子をうかがいつつ、
竹橋の公衆●●●を目指したのでした。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-20 09:32 | スポーツ栄養アドバイザー

不思議な縁

今の仕事は部活で苦しんでいる中高生の役に立てばと思ってはじめたので、創業当時はトップ選手のことなど全く頭にありませんでした。ところが縁とは不思議なものでとある秋の日、会社近くの海岸道路を駆け抜ける実業団選手の一群に出くわしました。しかも、なんとその中に農大出身の後輩を発見したのです。大分出身のN君でした。
その頃、学校というところに真正面から立ち向かっていた私たちは毎日打ち拉がれていました。学校長に直談判したり、教育委員会に行ったりしましたが、栄養補給の必要も、栄養学の啓蒙もなかなか必要を理解して頂けませんでした。小さな会社、実績のない私たちをどこまで信用したらよいか判断に困っていたこともあるでしょう。大きな理想を掲げてスタートしたのですが、いきなり精神的にピンチを迎えていました。
気がつくとN君の姿に引き寄せられるままに行動していました。練習を追いかけ、躊躇いもせず宿舎に飛び込みました。その時に応対下さったマネージャーのSさんが陸上界への扉を開いて下さったのです。早速、東日本実業団駅伝前の合宿で選手に話をさせていただくことになりました。これが私の記念すべき第1回栄養セミナーです。居並ぶトップ選手にありったけの知識や情報、考えをお伝えしたのだと思いますがすっかり舞い上がってしまいましたが、この経験が後に大きな自信になりました。
私は学生時代、N君たち駅伝部員に「マラソンマン」と呼ばれていました。合唱部なのに四六時中ジャージ姿でいつでも走っていたからです。時にはグランドを占拠してインターバルやペース走をやっていました。とにかく、駅伝部よりたくさん走れば速くなれると信じていました。そんな激しい学生時代がこんなところで報われました。後に白子から長生、一宮を抜けて岬までの海岸沿いコースは駅伝マラソンの調整合宿で多くの実業団や箱根駅伝のチームが利用していることを知りました。私たちの会社のすぐ近くが合宿のメッカだったなんて本当に不思議です。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-19 12:43 | スポーツ栄養アドバイザー

英語漬け英語耳

寝る前1時間、英語漬けの日々が続いている。
NHKのニュースも副音声で聞き、
BGM代わりに映画を流している。
もう、4ヶ月くらいになるだろうか。
少しずつソフト上はステップアップしているのだが、
自分の中では何の変化も感じられない。
別に気の利いたフレーズが
湧き出てくる訳でもなく、
聞き取り上手になった気もしない。
あぁ・・・。
英語耳になれるのはいつのことやら。
いつか力になることを信じて
懲りずに続けよう。
どうも流している映画が悪かったかな。
ロッキーのこもった声は聞き取りにくい気がする。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-16 10:10 | スポーツ栄養アドバイザー
マスターズ水泳長距離大会800m自由形に出場しました。
目標は13分切りだったのですが、
見事「失格」となりました。
非常に残念ですが良い経験になりました。
今回は完全な単独行動。
初めての会場、初めてのレース。
距離への不安。
緊張と興奮で舞い上がったしまったようです。
ターンしてガツン。
衝突してからはもう何が何だか分かりません。
こうなると不思議なもので苦しさも辛さもなくなるんですね。
ただただ悔しさでいっぱいになり、あれこれ考えるばかりでした。
僕でさえ、これだけ悔しいんだから、
トップアスリートのみなさんの思いは如何ばかりかとも考えました。
サブプールで頭を冷やしたつもりでしたが、
沸騰した頭が治まるのにはかなりの時間がかかりました。
陸上の選手たちには経験が大事だとか
イメージトレーニングの必要を訴えてますが、
自分自身、このことを身にしみて帰ってきました。
経験や備えが完璧ではじめて事が為し得るものだと痛感しています。
同時に、サポートして下さる方の有り難さを身にしみて感じています。
7月のレースで力が出せたのは安心してレースに臨めたからだったのです。
また、今までロードレースや駅伝で
本当に多くの手助けをしてもらっていたんだと思います。
走ることは確かに苦しいですが、
レースに集中出来るようにしてくれている人たちがあってのこと。
改めて考えさせられました。
また、単身海外遠征で頑張るアスリートたちの凄さも身にしみました。
中には言葉の通じない国だってあることでしょう。
7月は緊張で両足がつりました。
今回は失格。
何処にも所属せず自己流でトップの門を叩くのには限界も感じます。
ただ、チャレンジすることで改めて見えてきたものも多くあります。
仕事はもちろんですが、
走ることにも、
音楽にも、
通じる共通の課題が見つけられたように思います。
大事なのはこれから。
進化して次に臨めるようにと思っています。
色々、ブログなどを通じてご声援下さったみなさん、
本当にどうも有り難うございました。
また、頑張ります。
次はロードレースです。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-13 09:58 | スポーツ栄養アドバイザー
映画「Always 三丁目の夕日」の関連商品が
コンビニの棚を賑わせていた。
不二家LOOKやグリコのビスコの
古めかしいロゴが目に飛び込んだ瞬間に
40年前が思い浮かんだ。
食べたいのではなかった。
パッケージを眺めているだけで懐かしかった。
60年代、家族で暮らした川崎の四畳半のアパートが蘇った。
マッチ売りの少女ではないのだが、
何か違う思い出に浸れるかも知れない。
そこで一口頬張ってみた。
「ん?」
味が違う。
もう一口食べてみた。
「×××???」
やっぱり違う。
あの味ではない。
これは致命傷だった。
すっかり興ざめしてしまったのだ。
パッケージで酔いしれてさえいれば良かったのだ。

裏には
1966年当時のデザインですが、
中身は変わっていると書かれていた。
懐古趣味なら味も元に戻してくれ!
待てよ・・・。
味の再現が難しい理由を考えると
ちょっと恐ろしい気がしてきた。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-12 11:04 | スポーツ栄養アドバイザー

スミス

昨夜、スミスから電話がありました。
金曜日の夜、仲間が集まるから来いよ!って誘われました。
生憎、その日は横浜で予定が入っています。
いつも断ってばかりなのに懲りずに電話をくれる友人に感謝。
行けそうだと言っておきながら
やんごとなき急用が入ってキャンセルしたことがありました。
それでも怒らずにまたと言ってくれます。
これは本当に幸せなことです。
そうそう、結婚式もドタキャンしました。
彼の嫁さんには未だに睨まれます。
敷居を高くしているのは僕の方だけど。
彼、歌が上手いんです。
僕よりずっと。
中学時代、地元の公民館でコンサートをやった仲間の一人。
ヒロちゃん、カワダ、スミス、そして山チャン。
「つむじ風」というグループ名でした。
観客は同級生の女子数名。
懐かしくも恥ずかしい思い出です。
ところで、スミス。
彼はれっきとした日本人、本名なんです。
親がインターナショナルな名前が良いと命名したそうです。
ん?、よく考えるとそれってファミリーネームじゃん!
そう言った後しばらく落ち込んでいた姿が忘れられません。
本人、中学まで気付かなかったようなのでした。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-07 09:18 | 無題

友人のコンサート

友人のトランペッターで指揮者、佐藤宗男のコンサートをご紹介します。
生憎、仕事の関係で行けないので、
ここで宣伝させていただきます。
お近くの方、是非どうぞ。
宗男、また誘ってね。
f0036759_10211681.jpg

市響市川交響吹奏楽団第330回行徳・親子ふれあいコンサート」
平成19年11月4日(日)  
13:30開場14:00開演
行徳文化ホールI&I

*入場無料*

第1部:吹奏楽名曲集
シンフォニア・ノビリッシマ/R.ジェイガー
Sinfonians/By C.Williams
Masque/By William Francis McBeth
第二組曲/A.リード

第2部 :ルロイアンダーソン特集&日本の四季
ラッパ吹きの休日
The Penny−Whistle Song
Clarinet Candey
Sandpaper Ballet
The Typewriter
China Doll
Phantom Regiment
Home Stretch

日本の四季 花・茶摘み・赤とんぼ・雪

指揮:佐藤 宗男、 演奏:市川交響吹奏楽団
[PR]
by cf-seria | 2007-11-01 10:13 | 音楽と私