スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

体調不良や脱水症状に日本選手が苦しんでいる。
地の利を活かせず悲痛な表情を浮かべる選手たちが気の毒でならない。
暑さ対策も調整も万全のはずなのに、
一体どこでボタンを掛け違えたのだろうか。

ここ数年の末續、為末、室伏らの活躍が
いつしか陸上日本、メダル必至の状況を作り上げてしまった。
思えば東京大会の当時はマラソン以外の入賞は考えにくかった。
更に興行としての成否を賭けた民放の必死の番組宣伝、過剰放送が
筋書きのないドラマを脚色してしまった。

度重なる表敬訪問、所属企業や地元の壮行会。
代表決定から本番までの僅かな期間に過酷なスケジュールが組まれる。
陸連にも守られず、
メディアコントロールもされない中、
日々メダルや入賞を口にせざるを得ない状況に追い込まれる。
知らず知らずのうちに自分で口にしたことが一番大きくのしかかる。

緊張や重圧で一番疲れるのが自律神経系。
生きていく為の調整能力がやられたらこの暑さの中では堪ったもんじゃない。
心臓も肺も消化器官も発汗も熱コントロールも不能になった状態では、
かかるはずのない脱水症状や熱中症にやられても不思議はない。
問題は水分補給や調整の失敗などといった誰もが分かりきったところではないはずだ。

安易にノリでいってしまった選手にも非があるだろう。
そもそも僕ら日本人にも日本社会にも悪のりの癖がある。
もっと基本的に慎重にものごとを進めるべきだったのではないだろうか。
また、為末選手などのトップアスリートたちには精神的な負担をかけ過ぎた。
彼らの発想と熱意が陸連以上に社会を動かしたことも事実である。
彼らにとって一番重かったのはそうしたことに余りにも無関心な陸連ではなかったのだろうか。
本番を前に相当な無理をかけたことを申し訳なくさえ思う。

本来の力を発揮出来ずに傷ついた選手たちの今後を思うと、
朝青龍問題と重なって見えるようで情けなくも悲しい。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-29 17:06 | スポーツ栄養アドバイザー

世界陸上

一昨日、東京の多摩川沿いを男子高校生たちと走った。
午後2時から60分間。
うす雲が太陽光を和らげてくれたが、
追い風の中では体の熱が発散せず、
息が詰まりそうだった。
走り終えた僕は
頭から水をかぶり、
校舎を抜ける涼風にあたって
暫くは動くことが出来なかった。
傍らには平然と整理運動する選手たち。
鍛えた若者たちの素晴らしさに感服させられた。

一方、酷暑の大阪。
僕の経験から想像するに、
日中のトラックの表面温度は50℃を超えているだろう。
初日の男子マラソンも厳しい条件下でのレースだった。
記録や勝負への興味もさることながら、
生活することすらしんどい過酷な気象条件下で、
自らの持てる最大限のパフォーマンスを発揮するアスリートたちに
改めて感動している。
同じ条件下で自分が少し動いてみただけで、
ものの見え方がこうも違うんだなぁと今更ながらに思ったりしている。
やはり日中の運動には危険が伴うのでお勧めは出来ないが、
そんな想像力を働かせながら見てみると更なる興味が掻き立てられそうだ。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-29 09:51 | スポーツ栄養アドバイザー

チャレンジマスターズ2

f0036759_101125.jpg
昨日、ジャパンマスターズのランキング表が届きました。
いやぁ、凄いですね。
上には上がいるものだと改めて思い知らされました。
40歳過ぎのビギナーだなんて言い訳できませんね。
勝負の世界、やるからには勝ちにいかねば!
そのためにも先ずは一歩踏み出すこと。
すべては此処から始まるのです。
そこにある名前が意味を持つのは、
他ならぬ自分次第だと思っています。

僕の場合、ごく普通?の社会人。
更には音楽活動や国際文化交流から後輩の育成まで、
色々やらなければならないことがあります。
また、性格的にも問題が多く、
どちらかというと不器用で、
杓子定規で、
人には分かりにくく、
何かやりだすと壊れるまでやり続けるわりに、
ダメだと簡単に投げ出してしまうところがあります。
本当にダメなんです。
そんな訳でありまして、
自分のことだけに集中出来る時間は本当に限られているし、
根気よく続けるには自分との戦いが一番の鍵であります。

うまく日常をトータルコーディネートして、
目的達成まで根気よく続けてみます。
有言実行、僕にはこれが向いているかな。

この夏、久々にランニングも充実しました。
来年の海外演奏旅行に向けて、
英語力の向上も仲間内に宣言してしまいました。
さぁ、夏もあと僅か。
しっかり食べて元気出していこう。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-24 10:28 | はじめの一歩

夏バテ対策

今夏の甲子園も劇的な幕切れでした。
審判の判定問題も話題になっていますが、
あそこで緊張の糸が切れたのは事実でしょう。
これからの人生に活かして欲しいと願うばかりです。

猛暑の影響もあって、
夏バテ気味の相談が増えております。
疲れた、眠い、だるい、食欲がない、気力がない、力が入らない、手足がしびれるetc.
乗り物で座ると直ぐに寝てしまったり、
監督の話の最中に寝てしまうことや、
勉強などに集中出来なくなる
など日常生活にも影響が出てしまいます。
こうなったら大変です。
新人戦も間近。
せっかく頑張ったのに力が出せないんじゃもったいない。
そこで、夏バテ対策の秘訣をお教えします。

最近では水分補給時の飲み物としてスポーツドリンクが一般的になりました。
カラダから失われたミネラルや糖分を補うには適していますが、
飲み過ぎるとその糖分のとり過ぎになります。
若い選手たちは食事時にも飲んでいるようですね。
こうなるとエネルギー源が大量に体内に取り込まれることになるので、
食欲が減退しやすくなります。
また、糖分を処理するのにビタミンB群を消耗します。
こうなると体内でエネルギーが作り出せなくなります。
全身の倦怠感、足のむくみ、寝起きが悪いなどの症状がみられるでしょう。
更にアイスやジュースなどを好んで食べていると悪化させることになります。
このような場合はビタミンB群を多く含む食品をしっかり食べましょう。
豚肉の冷しゃぶに薬味を沢山乗せて食べるのもお勧めです。
また、胚芽などを多く含む食品。
小麦全粒粉クッキーや玄米、雑穀米などもお勧めします。

次に練習で頑張り過ぎ(過労)の場合。
筋肉が破壊されると細胞から老廃物や酵素が血中に流れ出します。
これを肝臓が処理します。
ですからハードな運動を何日も続けると肝臓が参ってしまいます。
症状はビタミンB群欠乏と似ていますが、
もっとぐったりした感じになります。
もう、背中や後頭部から布団に吸い付きたくなる様になったり、
力が入らない様な状態です。
頑張りたいのに体がついてこないような感覚から、
かなり焦ってしまいます。
ひどい場合は気持ちが切れてしまうケースもあるようです。
この場合は新鮮な魚貝類の出汁のきいたお澄ましやスープなどがお勧めです。
暑い夏ですが、寄せ鍋やちゃんこなども良いでしょう。
スープに栄養がたっぷり含まれていますから、
残り汁にご飯を入れて残さず食べましょう。

最後に貧血の場合。
発汗や筋肉破壊、長時間の運動で起こる体内溶血。
これらが貧血を引き起こす要因になります。
ただ、毎日しっかりタンパク質と鉄分を摂っていれば
バランスを保つことも可能なのですが、
対策を怠ってしまうとあっという間に貧血に陥ります。
手足がしびれたり、呼吸が上がりやすくなります。
一度なってしまうと回復にはある程度日数がかかります。
お勧めの食品は赤身の肉、魚類です。
高タンパクで吸収しやすいヘム鉄を多く含んでいるからです。
ホウレン草、ひじきよりよっぽど良いんですよ。
お弁当には佃煮、しぐれ煮などであれば傷む心配も要りません。
ただ、貧血状態の回復には一時的にまとまった量の鉄分を補給する必要があります。
指導者と相談して医師の診断を仰ぐか、
サプリメントを利用することをお勧めします。

以上は自分の競技経験と臨床例から考察した夏バテの話です。
僕自身、夏には本当に苦労してきました。
もし、中学高校時代に夏バテさえしていなければ、
更に上で競技を続けていく自信はありました。
私の知る限り、夏バテがきっかけで気持ちが切れて競技を止めた選手も多いのです。
できれば、来夏は対策を怠りなく万全で臨んで欲しいと思います。
手前味噌ではありますが、
夏バテ対策に効果的なサプリメントもご紹介しております。
B群不足にはセリアFe
肝臓にはセリア・ロブ
貧血にはジョブ
詳しくはセリアのホームページをご覧下さい。

更に、
熱帯夜が続く東京は寝不足もありますね。
また、日中のトレーニング時に熱中症気味になって
頭痛や悪寒を感じながら辛い夜を過ごしたりすることもあります。
このような場合は自律神経系が参ってしまっています。
出来るだけ規則正しい生活を維持しながら、
リラックス出来る環境を整えましょう。
昼寝をとったり、
シャワーを浴びたり、
音楽を聴いたりするのも良いでしょう。
体はストレスに対抗するために精一杯働きました。
うまく休ませてあげることでまた頑張れるはずです。
特に熟睡出来る環境整備にはご配慮下さい。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-23 11:11 | スポーツ栄養アドバイザー

キャプテン

ちばあきおの名作が実写版で映画化された。
昔懐かしく、ちょっと胸キュン状態である。
高校野球より感動しそうなので見るのが怖いくらいだ。
幸い、この辺りでは上映予定がない。
いつかDVDになったらこっそりみることにしよう。
その方が良い。
中学も、高校も野球をやるにはそれなりの覚悟が必要だった。
「キャプテン」はそんな僕らを優しく後押ししてくれた。

それともう一つ。
松戸健著「われら、夢の甲子園」。
元成東高校野球部監督1976年の著書である。
当時、惜しいところで甲子園を逃していた成東高。
県で優勝しても東関東大会という壁が立ちはだかっていた時代である。
後に阪神でご活躍された中村勝広選手や中日の鈴木孝政選手の逸話を
胸躍らせて読んだものだ。
ロボット君と呼ばれるほどカラダが固かった鈴木投手が、
在学中にケンケンで校舎移動していたこと。
学校まで10キロも走っていたこと。
同じ県内の不通の県立高校生としてとても刺激を受けた一冊だ。
amazonで検索すると未だにユーズドが売っているらしい。
プレミアがついているが機会があったら読み返したい。

何処にでもいるような普通の野球少年の話。
だからこそ夢があった。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-21 13:18 | はじめの一歩

稲刈り始まる

f0036759_16324035.jpg
此処、南房総いすみ市の田んぼでは
先週から稲刈りが始まりました。
あんなに梅雨明けが遅かったのに、
まったく問題ありませんでしたね。
このところの猛暑、異常です。

電気事業部のデスクも、
電気工事師の携帯にも、
エアコン故障修理の依頼が殺到しております。
「早く来てくれないとお婆さんが暑くて死んでしまいます・・・。」
以前ならお盆過ぎには少し落ち着いていたように思いますが、
温暖化の影響を思わずにはいられません。
こんな田舎にも波が押し寄せているのでしょう。

初めて訪れたのは学生時代でした。
南だから暑いのかと思っていましたが、
空を抜ける風の涼しさに驚かされたものでした。
どこか、あのオーストラリアに似ている様な、
大陸的な気候が気に入ったものです。

先週は千葉県東方沖を震源とする地震による揺れに何度も起こされました。
ところが、こんなに揺れたのにと思ってもニュースで殆ど扱われません。
死者やけが人が出ないと取り上げないメディアに疑問を感じます。
報道にも刺激を求める時代なのかも知れませんね。
あの揺れの恐怖を思う時、
僕は一体、どこまで新潟のことを真剣に考えられただろうか
と反省させられてる今日この頃です。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-20 16:33 | スポーツ栄養アドバイザー

115歳

先日、亡き母の三回忌を執り行った。
北九州から一人でやってきた祖母93歳。
死ぬまでにやらなきゃならないことを計算すると、
どうやら115歳まで生きる必要があるそうだ。
だから、まだまだ大丈夫だって。
心臓のペースメーカーの取り替え手術も次で5回目。
これは前例がないそうだ。
新聞の川柳やエッセイなどを投稿しては入選荒らしが楽しみらしい。
あと、20年ちょっとか。
ギネスに載ったらどうしよう。

父はこの夏、喜寿を迎えた。
どうやら友人たちでお祝いをするらしい。
息子は用無しだ。
食卓にはプロテインと息子の会社のサプリメントがピルケースに。
先日、フィールドアーチェリーの日本チャンピオンに言ったそうだ。
「お前に勝ちたいんだよ。」
その後、50ポンドの弓に変えたらしい。
(因みにボーリング場の一番重いのがたいてい16ポンド)
あまり会話はしなかったが、
冷蔵庫にはビールが一杯冷やしてあったっけ。
たまには帰るか。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-15 23:43 | はじめの一歩

元祖!ハンカチ王子

f0036759_9524388.jpg
30年前の元祖ハンカチ王子より残暑お見舞い申し上げます。
ちゃんとした野球帽ではないので型をつけておりませんが、
あしからずご了承下さい。
今、甲子園では熱戦が繰り広げられています。
ニュースで見る度にふと見てしまうのが、
球児たちのかぶる野球帽。
とくに練習用には個性的な型がついていて、
懐かしく昔を思い出してしまいます。
面白いもので、
上手な奴は帽子の型もきまっているものでして、
強いチームはみんなピシッと揃ってたものです。

そうそう、僕らの高校時代には学帽にも型をつけたものです。
学ランと学帽でビシッと決めるのが大事だったんです。
わざわざ新品をしごいて古めかしく加工したり、
帽子の縁を木工用ボンドで固めました。
早稲田の角帽をイメージしていただけると良いでしょうか。
我が校では既に野球部しか着用していなかったので、
僕らの入学時には帽章が手に入りませんでした。
二年の夏、歴代キャプテンの愛用したボロボロの学帽を受け継ぎ、
初めて帽章を手にしました。
先輩たちの思いが鈍く輝きを放っているようで
手にした時はずっしり重く感じられました。
ところが殆どの部員は相変わらず帽章なし。
そこで親父に相談して帽章を作ってもらうことになりました。
持つべきものは金属加工業の親父です。

ケイ素樹脂(シリコン)で型をとり、
ハンダを流し込み、
帽子に留めるための真鍮の二股を差し込んで出来上がり。
どうやったか覚えていませんが、
凹凸部分を上手に黒ずませて寸分変わらぬ帽章に仕上げてくれました。
学帽には少々重い仕上がりだったようですが、
後輩たちは大喜びでした。
帽章一つであんなに嬉しい気持ちになれるなんて
野球バカは本当に単純であります。

もう一つ、野球部の身だしなみ。
それが薬用石鹸でした。
練習後、流しで石鹸でゴシゴシ。
シャワーなんてないものですから、
流しで水浴びして汗を流しました。
周りの目?
大丈夫です。
その時間には野球部以外、
もう誰もいませんでした。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-14 10:39 | スポーツ栄養アドバイザー

向かい風、追い風

今朝も高校の練習に合流。
一次合宿明けの選手たちは心なしか頼もしくなっていた。
選手と一緒に整列すると監督が練習内容を指示した。
「今日は山根さんのペースで走って下さい。
ヘリポート往復、戻って給水後1.5kmを5周!」
「えっ?」

涼しげな選手を従えて
1人汗まみれになりながら走った。
それでも行きは心地よい向かい風が吹いていた。
帰りは背中に熱風を吹き付けられるかのような暑さが襲って来た。
同じ風を受けているのに、
どうしてこんなにも暑く感じるのだろう。
ふと疑問に思った。

ちょっと計算してみた。
風速10メートルの風を正面から受けたとする。
走る速さは1キロ5分ペースとしよう。
風の速さを時速にすると10m/秒×60×60=36000m=36キロ/時
1キロ5分ペースを時速にすると1000m÷5分×60分=12000m=12キロ/時
向かい風で走ると36+12=48キロの速さの風に当たることになる。
と言うことは48000÷60分=800m/分、
800m÷60で風速は13.33m/秒になる。

一方、帰り道。
追い風で走った場合。
風に当る速さは風速36キロ−走る速さ12キロ=24キロ/時
24000÷60分=400m/分
400m÷60=風速6.66m/秒ということに。
追い風でも風は当たっているが、
やはり向かい風の半分になってしまう。
これが無風になったような感覚をもたらし、
暑さに苦しむ原因だろうか。

暑さに沸騰した頭ではこれ以上考えられない。
どなたか正解をご存知の方、教えて下さい。
夏ばかりは向かい風の中を走り続けたい!
[PR]
by cf-seria | 2007-08-08 16:58 | スポーツ栄養アドバイザー

都会の練習場所

真夏の東京。
逃げ場のない暑さと思いきや、
日中でも走れる場所がある。
葛西臨海公園の砂浜も15時を過ぎると、
海風が体熱を心地よくさらってくれる。
草地と砂浜をぐるり一周1キロコースは
リンクス特有のアンジュレーションがあり、
見た目以上にタフで厳しい。
苦しくなったら、
沖行く貨物船に思いを馳せたり、
対岸のディズニーランドを恨めしく思ったり、
水上バスの行き交うを眺めるも楽しい。
時折、近くの実業団選手が顔を見せることもある。
浜へ通ずる橋が18時閉門らしいのでご注意頂きたい。
日差しを遮るものがないので、
帽子はお忘れなく。

その対岸、
夢の島公園から東京へリポート経由で若洲までのコースも良い。
川沿いは緑道が整備されていて適度に木陰もある。
葛西同様いつでも海風が吹いている。
特に京葉線の鉄橋下は嬉しいくらいの涼風である。
電車の音、湾岸高速の音、ゆりかもめの鳴き声、
何より離発着するヘリコプターの爆音が耳に新鮮だ。
ただ、あまり人通りがないので、
引率の先生が自転車で伴走するか、
集団行動した方が安全かもしれない。
東京の高校生たちはここをグループ別に周回している。
一周約5キロ。
路面には距離が書き記されている。
途中のトイレもきれいに整備されていて嬉しい。
(ここの管理は都立夢の島熱帯植物館で館長は私の先輩である。
問題があったら私にご連絡下さい。何でもお伝えします。)

いくら走りやすくても
速く走れる訳ではない。
すれ違う高校生たちに
「ファイトどぇ〜す」
と励まされるのが日差しより痛かった。
f0036759_1824171.jpg
いすみへ帰社後に撮影。
今週は学生が我が家に泊まり込みでトレーニングしてます。
改めて、この辺りは走るのに最適だと思いました。
[PR]
by cf-seria | 2007-08-07 16:49 | スポーツ栄養アドバイザー