スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大相撲名古屋場所新番付

f0036759_9331166.jpg
春日錦関から2ヶ月に一度の便りが届きました。
名古屋の暑さはベテラン力士の味方です。
体がほぐれやすく、痛みも出にくいはず。
万全の状態で臨めるよう祈っています。

久方ぶりの東西両横綱そろい踏みに
前売りも盛況の様子です。
外国人力士隆盛の時代ではありますが、
華ある国技として人気再燃を願ってます。

石見銀山が世界遺産に登録されました。
日本の文化や歴史が世界に認められるのは嬉しい事です。
産業遺産としては始めてだということですね。
知識や情報に乏しく詳しくは知らないのですが、
これを機会に色々調べてみようと思います。

ニュージーランドでも、豪州でも、
ホームステイ先に必ずあるものの一つが、
自然や動植物の写真集です。
自分たちのアイデンティティーを守ろうとする意識が
広く一般に浸透していることに共感を覚えました。
外国に行く事があるからだとは思いますが、
もっと自国の文化や自然、歴史に誇りを持って生活したい。
その必要を感じています。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-30 10:23 | 相撲

やったことの意味

ロビーでご挨拶すると、
突然、握手を求められた。
握る力もしっかりしていて、
随分回復されていた。
手から喜びが伝わってきた。
とても嬉しかった。

ただ、思う。
ちゃんと受け止めているのだろうかと。
そう思うと情けなくも不安になる。

その方は脳梗塞を煩われて以来、
一生懸命リハビリされている。
いつもご家族で演奏会に駆けつけて下さり、
体一杯に喜びを表現して下さる姿が、
ステージからはっきり見える。
だから裏切れない。

マイクを握る時に思う。
ステージでは嘘くさい言葉は通用しない。
客席には人の数だけ人生がある。
これが結構重くのしかかる。
演奏者と客席と音楽と
それぞれの共通項を見出そうとすると、
どうにも自分が一番心許ないものに思えて、
言葉が見つからない。

だからプロセスが大事だと思う。
やったことだけが事実であり、
それが一番伝わりやすい。
嘘や着飾った言葉は
口にする前に脆くも崩れさる。
よく評価は人がするものだと言われるが、
確かにそうだと確信している。
これはピュアーな方々に囲まれてみないと
分からないことかも知れない。
ましてや合唱は、
全員の心根が正直に出てしまう。
練習よりも何よりも、
日頃から心を合わせる作業が続くのは仕方がない。

僕らが一番幸せなのは
豊かな感性を持ち合わせた方々に恵まれていることだろう。
年に何度かありのままを晒す機会があるからこそ、
こうして腐らずにいられるのだと感謝している。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-27 11:45 | 音楽と私

花束

f0036759_13262484.jpg
ちょっと声がかれ気味だったのを幸いに
いつになく精一杯歌わせて頂きました。
その分、今日は燃え尽きております。
余韻に浸れるのもまた幸せなこと。
有り難いと感謝しております。
f0036759_13321062.jpg
頂いた花束を会社で生けてみました。
40男が花束手にするなんてなかなかありません。
照れくさくも嬉しいものであります。
オフィースに香りが満ち溢れるのも悪くありません。
f0036759_13363813.jpg
みなさん、本当に有り難うございました。
ここまでして頂くと、
次も頑張らねばなりませんね。
はい、了解です。
お任せください。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-25 13:37 | 音楽と私

ありがとう

お陰様でいよいよ明日、コンサートを迎えます。
ここまで本当に色々ありました。
正直、ちょっときつかったなぁというのが本音です。
でも、それだけの意味のある演奏が出来ると信じています。

心と体が直結している方なので、
演奏会を前にしてギリギリの状態です。
でも、僕なんかプロじゃないから、
このくらい追い込まないとダメなんです。
上手い下手は分からないけど、
命込めて歌えそうです。

第二ステージはマイクを握ります。
仕事で人前に立つのは慣れていますが、
演奏会は全くの別物です。
お客様が何を求めているか。
数百通りあるのかと思うと気が遠くなります。
あまり考えると眠れなくなるので止めておきます。
随分前からあれこれ考えていたので、
きっとその場に立てば何か出てくるでしょう。
これも集中が大事だと思っています。

テレビでは松坂の好投を報じてました。
奴は若いのに偉いなぁとつくづく思います。
緊張しないと聞いたことがありますが、
それにしても想像つかないプレッシャーの毎日。
僕だったらとてももちそうにありません。
いつも以上に大きく思える夜ですね。
こんな日は。

遠くからお越しのみなさん、
裏方の皆さん、
メンバー、
そして指揮者の先生、ピアニストの先生、
どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-24 00:01 | 音楽と私

信念

曲がった事が大嫌いだ。
筋違いのことも許せない。
よくわかりもしないくせに、
上から物を言う輩にはむかっ腹が立つ。
自分には何の根拠も信念もないくせに、
世間体だとか、
常識振りかざして何になる。
大きな力に寄りかかり、
人の陰に隠れて、
自分じゃ責任もとらないくせに、
偉そうに言いやがって!
表に出てきやがれってんだ、
こんちきしょうが・・・。

って、自分より強いものにでさえ、
怯まずに言える自分でありたいのさ。
そんなに出来た人間じゃないから、
良い悪いが客観的に見える訳じゃないけど。
こいつは守ってやらなきゃとか、
これは譲れないというものだけは
失わずにいたいと思う。
大事なのは正しいとか、
間違ってるとかじゃない。
自分の信じる事を貫き通せるかだ。

今日はガリレオ・ガリレイが異端裁判で有罪になった日だそうだ。
「それでも地球は回っている。」
なんて素敵な言葉だろう。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-22 18:08 | スポーツ栄養アドバイザー

熱中症とエネルギー切れ

f0036759_1093862.jpg
ちょっと恥ずかしいことなんだけど、
社会人になってからは何度か熱中症になりました。
まだまだ走れてた頃、
そうそう、千葉県のクラブ対抗選手権で
5000m予選を走った後なんかが最初だったでしょうか。
焼けたトラックの熱がソールから伝わって
足裏が焼けそうだったのを思い出します。
出場者が大勢辞退して取りやめになった種目もありました。
ただ、熱中症の原因は暑さだけではなかったのです。
普段の不規則な生活、
体調不良、
などが重なったことが大きかったと思います。

症状は運動後も汗が引かず、
それでいて寒気を感じます。
次第に頭痛がひどくなり、
激しい嘔吐に苦しみます。
こんな苦しさが世の中にあるのか、
と思うくらいの苦しさでした。
ひどい時は翌日もダメです。
頭がボーッとしてだるさが抜けません。

夏に日焼けして汗びっしょりかくのが大好きなだけに
ショックも大きく、正直かなりへこみました。
やはりこれからの季節は暑さ対策は万全にしなくては危険です。
規則正しい生活、
バランスの良い食生活、
準備運動、整理運動の徹底、
十分な水分補給、
練習時間の選定、
氷や救急道具の準備、
その他大事なのは自分流の対策グッズでしょう。

スポーツで危険を犯して人に迷惑をかけては意味がありません。
どうしたら事故を未然に防げるか。
自分にあった方法を見つけておく事も大事です。
僕は頭に熱がこもりやすいので、
やっぱりひんやりシートとか、
ペットボトルを凍らせておくとかが必要です。
場合によっては頭痛薬(常備薬)も持っています。

もちろん、仲間が倒れた時のことも頭に入れておきましょう。
スポーツドリンクや氷などの応急策。
監督や先生への連絡。
日陰や風通しのよい場所の確保。
着替えも多めに用意しておく方が良いですね。
とにかく、いち早く対応することが大事です。
是非、普段から考えておくようにして下さい。
考えていないと適切な判断が出来ませんから。

高校時代、練習後にグランドで倒れました。
精魂尽き果てた?つもりでしたが、
その時の先輩の判断が見事でした。
仲間に「あんぱん買って来い!」
と叫んだそうです。
バックネット裏の商店であんぱんもらって、
後輩が戻るとすかさず僕の口へ押し込んだそうです。
目が覚めた時の恥ずかしさと言ったら・・・。
腹へって倒れただけだったんです。
手足が顔面蒼白で崩れるように倒れた僕を見て、
先輩が見抜いてくれたんですね。
倒れたことに慌てず、
チームメートの性格や状況、
練習などを考えていち早く対応するって大事だなと思いました。
「この先輩にはついていこう」
と固く決心したものでした。
本当にきびしかったけどね。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-21 09:57 | スポーツ栄養アドバイザー

オールブラックスの精神

f0036759_9421811.jpg

ラグビーニュージーランド代表チーム
「オールブラックス」のスペシャルコーチ
Mr.Ken Yongson氏にお会いする機会を得た。
子供からトップ選手にいたるまで幅広く指導されており、
食生活指導や保護者、指導者教育の必要性について意見が一致した。
この日も地元の小学校を訪問してきたそうだ。
「君たちが受けた恩恵を次の世代に与えなさい。」
「立派な人間になりなさい。優れたラグビー選手は立派な人間なんです。」
オールブラックスの強さの一端を垣間みた。
f0036759_9554524.jpg

元オールブラックスでリコーでもプレーをした
Mr.Erony Crark氏も同行されていた。
どんなプレーにも
「コミュニケーション」
の必要を訴えていた。
パスでもコンタクトでも
一人ではなくコミュニケーションなのだそうである。
そんな練習を見ているうちに何か昔と違う空気を感じた。
そうそう、声が小さいんだなぁ。
あんなに激しいプレーしているのに
何だか妙にグランドが静かに感じた。
外部コーチの直感で「コミュニケーション」の必要が生じたのかもしれない。
f0036759_106951.jpg

そんな訳でチーム分けの時に裸にされた学生たち。
ニュージーランドらしいと言えばらしいのだが、
こんなことでもしないと腹から声もでないのだろうか。
但し、今の日本では
別の意味でちょっと危険な指導かもしれない。

ところで、何を持って立派な人間となれるのだろうか。
「与えられた恩恵を返しなさい」
とも言われていたことが今日も耳から離れないでいる。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-20 10:08 | スポーツ栄養アドバイザー

世代交代

f0036759_9494750.jpg

こんな田舎でもFOMAが使えるようになりました。
上京する際には房総丘陵を越えるので、
まだまだ繋がりにくいかも知れませんがどうぞご容赦ください。

このバージョンアップにはやむを得ない理由がありました。
先日、携帯を洗濯してしまったのであります。
水槽の中でカラコロ音がしていたので、
何かポケットに入れっぱなしだったかなとは思ったのですが・・・。

積極的な世代交代ならまだしも、
そんな訳ですからマニュアルを開く気にもなれず、
未だに使い方はよくわかりません。
携帯を購入すると袋の中には
ティッシュやらストラップなどノベルティーがぎっしり入っています。
何とかマニュアルを開かせようと、
あの手この手で気を惹こうとしているのでしょう。

優れた機能も使う人間次第。
道具も情報も使われなくては意味がないのです。
現在の僕の生活では不必要な機能も、
もしかしたら生活を変えると必須アイテムに急変するかも知れません。
今のところ、必要な機能は限られていますが、
便利に使うことも焦らず考えようと思っています。

ストラップは日産のYさんに頂きました。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-19 09:50 | スポーツ栄養アドバイザー

梅雨入りと朝食の必要

関東地方も漸く梅雨入りした。
これからどんどん蒸し暑くなりそうだ。
朝練習から熱中症で倒れるケースも考えられる。
どうか、元気に過ごすためにも朝食をしっかり食べてくれ。

運動して体温が上昇すると、
汗腺から汗が噴き出す。
汗が皮膚から蒸散する際の気化熱として、
体熱を放散してくれる。
気温がそれほどだと思っていても、
湿度の高いこの時期は汗が蒸散しにくい。
だから、注意が必要だ。

恒温動物の生命線とも言える体温調節は
脳の大事な働きと言える。
脳を働かせるにもエネルギーが必要だ。
その供給源が朝食なのだ。

このことから考える脳と
機能する脳があることを知って欲しい。
いずれにせよ十分な栄養がなければ働かない。
あと5分の睡眠よりも、
朝食のほうがよっぽどカラダのためになる。
脳がしっかり状況判断していれば
過酷な気象条件下でも適応出来る。

どうやら今年も異常気象が続きそうだ。
多少しんどくてもご飯食べて学校に行くほうが
身のためである。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-15 16:19 | スポーツ栄養アドバイザー

エレガントに・・・

24日(日)に迫った第69回コールファーマーの定期演奏会に向けて、
毎週末、と言っても金曜の深夜宿舎集合で合宿練習を行っている。
1回のコンサートで演奏するのはだいたい25曲前後。
詩を、曲を解釈し、自在に表現するために、すべて暗譜で演奏している。
大事なのは基礎練習。
詩の解釈を十分に行い、
読んで、読んで、読みまくり、
リズムに言葉をはめ込んで言葉読み練習を徹底する。
その後、ようやく音をつけてパート練習を行うのみである。

野球で例えるならキャッチボールと素振りが練習の中心。
個人ノックやトスバッティングに明け暮れ、
シートノックがせいぜいだとご理解頂きたい。

指揮者の先生にご指導を仰ぐまでは基礎練習のみなのである。
うまく説明できないのだが、
これがとっても大事なプロセスだと思っている。
どんな音楽になるのか。
知りたくて仕方ない状態まで心を引っ張る。
如何なるオーダーにも応えられる素材になりきる。
自分の演奏に喜びと感謝を見出すことが出来る。
そんな状態でコンサートを迎えられるようにすることが、
想像以上の集中力と感動を育んでくれるからだ。

音楽もスポーツも後戻り出来ない。
瞬時の判断の連続である。
オシムの言う「エレガント」とは
無駄のない洗練されたプレーを言うのだそうだ。
正確で最高の判断をし続けるには
基礎練習に裏付けされた技術と自信がものを言う。

今週末も合宿だ。
エレガントな演奏を目指して
今一度、基礎練習に徹しよう。
[PR]
by cf-seria | 2007-06-14 09:46 | 音楽と私