スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ネームカード

エキサイトネームカードの登録を済ませました。
かなり私的な情報も公開しました。
まだ、機能をよく理解していませんが、
名刺交換なども出来るようなので
楽しみにしています。
トップページ右、
緑のカードをクリックしてみて下さい。
アクセスお待ちしております。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-28 19:41 | 無題

新番付発表

春日錦関から新番付が届きました。
残念ながら5月場所は十両での土俵になります。
まだまだ老け込む歳ではないので、
奮起に期待しています。
彼を応援する意味も込めて
自分の老体にむち打って鍛えようと思っています。
今度会った時に少しは刺激になってくれると良いんだけど。

今場所は今まで以上に外国人力士の台頭が目立ちます。
小兵力士の安馬も三役に昇進しました。
数年前から陸上界もアフリカ人選手が上位を独占しています。
身体能力もさることながら
その精神力には敬服してしまいます。

簡単には負けられない、
挫けられない、
帰れない、
そんな宿命を背負っている強さ。
私自身、ケニア人選手と親しくなって
彼らの事情を知ってからは
見る目が変わりました。
レース中に疲労骨折しても走りきれるんだ。
そういう凄まじい執念を教えてくれたのも彼でした。

生まれた国も
育った環境も
今更変えられるものではありません。
厳しい環境で培われた精神力の持ち主に勝つには
それを超越した愛が必要です。
愛するからこそ生まれる強さで勝負!
勝つための相撲ではなく、
好きこそものの上手なれだと思うのです。
その気持ちで相撲道に精進して
一段上の強さを身につけて欲しいと願っています。
まだまだ期待しているぞ!
[PR]
by cf-seria | 2006-04-26 21:33 | 相撲

不覚にも...

北大路欣也の大岡越前を見て
危うく嗚咽しそうになった。
ストーリーを全部見たわけではない。
裁きのところだけだったのに...。
「すべては夢・・・」
それぞれの思いが行き違っただけのことだったらしい。
そんなことって実社会でもよくあるよなぁ。
それしても爽やかで粋な裁きだった。

仕事帰りに運動して
銭湯に入って気持ちよく帰ろう。
扇風機の前に立って
汗が引くのを待つ間、
親父達の輪の外側から
ちょっとテレビを覗いただけだった。
昔は銭湯と言えば巨人戦だったのにと思いつつ。

嫌なニュースが多い毎日。
時代劇が相変わらずの人気なのが
はじめて分かるような気がした。
こんなに恵まれた私でさえ、
心が救われたような気持ちになれた。
私もとうとうオヤジの仲間入りか...。

いやいやスポーツも時代劇に負けないように
頑張らないとイカン!
帰り道ハンドルを握りつつ
あれこれ考えていたのでした。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-25 23:35 | 無題

週末・・・

今週もまた、
高校生アスリートを子に持つ保護者のみなさんと
食にまつわる諸々のお話をする機会に恵まれています。
一緒に献立を考えたり、
心の問題を考えたり、
チーム作りについて考えたり、
進路についても考えます。
どんな質問が飛び交うのか
ドキドキ冷や冷やではありますが、
数々の経験を活かして
参考になるお話が出来ればと思っています。
私はチームの風通しを良くする清涼剤。
風通しが良く爽やかなチーム作りに役立ててもらえるように
これからも良い仕事していきたいと思っています。
保護者のみなさん、
どうぞ、お手柔らかに...。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-21 23:47 | スポーツ栄養アドバイザー

このところの私

4/16日(日)小雨まじりの日体大記録会にて
f0036759_917269.jpg
このところの私を報告します。
週末は担当チームの保護者会に出席しております。
また、日中は記録会などの競技会を訪問して
各チームの状況を見て回ったり、
普段、なかなかお会い出来ない
遠方のチームの方々にお会いしてます。

保護者会では新入生の保護者を交えて
チーム作りの礎となる協力体制を整えるために
スポーツ栄養アドバイザーとしてひと役買ってます。
初めてお会いする皆様に
限られた時間の中で何を伝えるべきなのか...。
いつもあれこれ考えているのですが、
その場に行った時に直感的に感じたことを
出来るだけ分かりやすくお話しできればと思っています。

高校生はインターハイの地区予選に向けて
大学生はインカレの標準突破をかけて
記録会と言えども必死です。
もがきながら走っていました。

ところで、私の恩師はアルピニストです。
学生時代から、
そして今も準備の大切さを教わっています。
山ではいつも命の危険にさらされるからだそうです。
あらゆる状況を想定して万全に準備する。
その先生の自己管理能力には凄まじさを覚えたくらいです。

レースで一生懸命走るのは誰でも同じです。
結果の差は臨み方の差。
陸上でも、もっとここに着目しても良いんじゃないか...。

次回はもっともっと準備で差をつけて臨んで欲しいな。
あれだけ試合では頑張れるんだから。
みんなの走りを見てそんなことを感じた週末でした。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-18 09:41 | スポーツ栄養アドバイザー

降るとも見えじ

ここ数日の花冷え。
午後からは雨の予報。
おまけに地震もありました。
シャキッとしないなぁと思いつつ、
ふと、会社の窓から水田に目をやると
雨粒が水面に輪を描いていました。

思い出しました。
以前歌った曲。

小学唱歌「四季の雨」

降るとも見えじ 春の雨。
水に輪をかく 波なくば、
けぶるとばかり 思わせて
降るとも見えじ 春の雨。


こんな日に、こんな詩が書けたら
どんなに豊だろうと思います。
晴れの日ばかりでは
風流に欠けるものだと。
良い時も悪いときも
豊に生きなくては...。

f0036759_23312598.gifところで私、福の神ビリケンさんに似てますか...?
[PR]
by cf-seria | 2006-04-11 22:45 | 音楽と私

梨花

f0036759_17203684.jpg
ご存じですか。
九十九里浜の南端、
太東岬から少し内陸に入った
千葉県いすみ市岬周辺は
只今、梨の花が満開です。
ついさっきまで大荒れのお天気でしたが、
あっという間に晴れ渡りました。
今も心なしか潮の香りが漂っています。
f0036759_17475292.jpg
今日は長年の音楽仲間で
仕事の良き理解者である友人が
東京から来てくれました。
私にはなくてはならないシンクタンク。
彼のお蔭で安心して仕事が出来ている訳です。
今日も色々相談にのってくれました。
打ち合わせが終了し、
市内観光でも行ったらどうだ
と勧められたのですが、
運悪く突然の嵐。
行いが悪いのはいったい誰...?
頼りになるけど、
やっぱりタイミングの悪さは天下一品かなと思っていたら、
昼食後にはこんな景色が拝めました。
田んぼにはすっかり水が張られて雲を映していました。
f0036759_17482526.jpg

[PR]
by cf-seria | 2006-04-08 17:49 | 季節の花々

I believe

I believeという歌がヒットしていたようだ。
ちょっと前の合唱コンクールの課題曲も
「信じる」という言葉がキーワードになっていた。
信じるって難しい時代なのか...。
若者達がそのことを感じているのだろうか。
むしろ信じられないから求めているのかも知れない。

契約社会とも言われる欧米のアスリートに
練習に関する質問を投げかけると
「コーチにすべてを任せている」と答えるケースが多い。
練習方法に疑問はないか問いかけても、
「コーチを信頼している」と必ず答える。
移籍したりコーチが解任された時だけ話題になるが、
実は信頼関係は日本の選手より確かなものがありそうだ。
はじめに信じた自分を裏切らないという気持ちが強く表れているように感じる。

そう言えば昨年末、テレビドラマをはしごした。
「ドラゴン桜と女王の教室」
チャンピオンスポーツの世界にいると、
二つとも決して特別なストーリーとは思えなかった。
ただ、信念を貫くということが教育の世界に於いて、
何故難しいことになってしまったのかを考えさせられた。

子供達を優勝させようと真剣に考え実践している先生方は
誰よりも子供達のことを心配して事故や怪我の無いように注意を払っていて、
眠れない夜を過ごしている。
現代社会は失敗は許されない。
信念を貫くためにも細心の注意を払って指導されているように思う。
コーチや監督も人生をかけて本気で選手育成に取り組んでいる。
教わる方も本気でないとそんな気持ちが受け止めらなくなってしまう。

教える側と教わる側。
二つのドラマの中では、
その両者の葛藤がわりときちんと描かれていた。
中でも教える側の繊細で心細い一面を垣間見ることが出来て
見終わってホッとしたことを思い出した。

スポーツ界も教育も社会も
まだまだ「信じる」がキーワードになりそうだ。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-07 23:59 | スポーツ栄養アドバイザー

春合宿終了

日本エアロビクスセンターにて
拓殖大学第一高校陸上部の皆さん
f0036759_21464051.jpg
春合宿シーズンもそろそろ終わりになってきました。
どのチームも厳しいトレーニングを積んでいました。
皆さん、本当にお疲れ様でした。

いよいよトラックレースが始まりますね。
君たちの流した汗や涙は裏切りません。
必ずや力になっていることでしょう。
インターハイやインカレに向かって
良いスタート切って下さい。
そして思い通りの走りが出来ると良いですね。
是非、コンディショニングを怠らないようにして下さい。

スタートラインに立つ時、
期待と不安で胸がいっぱいになります。
今思うと、あんなに自分に期待出来る瞬間なんてなかなかありません。
選手の皆さん、どうぞ思いっきり自分に期待して下さい。
緊張で胸がバクバクになっている自分を楽しんで下さい。
自分に期待出来る時って輝いてるんです。
ピカピカの皆さんを見に大会にも顔を出そうと思っています。

来年はもう少し練習に参加出来るように
私も鍛え直そうと思ってはいるのですが...。
f0036759_22253446.jpg
昭和の森の芝も日毎に青々としてきました。
[PR]
by cf-seria | 2006-04-05 22:25 | スポーツ栄養アドバイザー

親子丼

f0036759_9173547.jpg
東京、正則学園高校陸上部(顧問菅原和幸先生)の春合宿での食事風景です。
この日の昼食は親子丼。
定食屋で頼んだら間違いなく「大盛り」。
写真では分かりづらいかも知れませんが、
底の深い珍しいどんぶりでした。
上級生は結構食べます。
お代わりも珍しくありませんでした。

新入生には食べるのも一仕事。
そうです。
アスリートは食べるのも仕事です。
「走ったあとにすぐ食べるなんて...」
と顔に書いてあるような苦痛に歪んだ表情でした。
この日は合宿中日。
疲れもピークに達する頃だったと思います。
しっかり食べられるようになる頃には
一回り成長していることでしょう。
食べて、強くなれ!
と願っています。

鶏肉には必須アミノ酸のリジンが豊富です。
ご飯のタンパク質はこのリジンのバランスに欠けています。
鶏肉とご飯の組み合わせでアミノ酸バランスが向上します。
運動選手の昼食にはもってこいですね。
f0036759_9322029.jpg

[PR]
by cf-seria | 2006-04-02 09:32 | アスリート御膳