スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

池上本門寺にて

f0036759_9404358.jpg
昨日は朝一番東京湾を越えて、
大田区の東京実業高校陸上部を訪ねました。
空は快晴、桜は七分咲き。
少々北よりの風が肌寒く感じましたが、
集合の1時間も前からウォーミングアップしていた選手達には
心地良かったことでしょう。

ミーティングを終え、
顧問の小川欽也先生(写真右の後ろ姿)と一緒に練習場所へ移動。
この日は学校から程近い日蓮宗の池上本門寺。
練習が始まった頃には人影もまばらでしたが、
日が高くなるに連れ花見の人で賑わいを見せていました。

身も心もフレッシュな新入生を迎えて
上級生も親切に指導しながら一緒に汗を流していました。
境内へ登る階段は何と100段...。
その右手には歩いて登るのがきつい人の為に
緩やかなおんな坂が設けられているほどです。
ジャンプや手押し車などなど次々にメニューをこなす姿に
参拝者からも思わず声が掛けられていました。

私も高校時代に学校近くの真間山神社の階段でしごかれました。
肩車の時には体重90キロ超はあろうかというキャッチャーの先輩から
「山根、一緒にやろう」
と必ず声が掛かりました。
まわりの先輩方がゲラゲラ笑っているのを見ながら、
「何で俺ばっかり」
と断れずに担ぎながらいつも恨んでました。

それにしても学校近くにこんな場所があるなんて良いですね。
決して信心深いほうではありませんが、
こういう場所に来て教わることもあろうかと思うようになりました。
尚、東京実業高校のホームページとリンクしております。
生徒がつくっているページですので是非、一度ご覧下さい。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-31 09:42 | スポーツ栄養アドバイザー

サイコフィーバー

私の会社は千葉県の外房にある。
近くには日本エアロビクスセンターや
昭和の森、白子海岸、内房に抜けると富津海岸があり
新年度を迎える学生たちや実業団選手の春合宿が盛んに行われている。

ユニフォームを見ただけで
あっと思ってしまうチームや、
世界で活躍するアスリートの練習を間近に見る絶好のチャンス。
という訳で連日、合宿訪問が続いている。

ところで、この時期は入学・入社前のルーキー達の姿が目立つ。
トレーニングが次々に進んでいく中で、
丁寧に指導する先輩に戸惑いと緊張の面持ちで必死についていく姿がいじらしい。
そんな中に知り合いの選手を見つけては声を掛けている。

自信に溢れた先輩の派手なユニフォームと
不安を隠せない新人のグレーや黒の地味なウエアーが
コントラストを一層強くしているようで見ていて面白い。
そう言えば、マリナーズの城島って凄い奴だと
新人ながら華のある、あの堂々とした記者会見を思い出した。

春合宿では慣れない環境や緊張から体調を崩す選手をよく見かける。
初めてのバイトだって一日長かったよなぁ...。
ましてや競技レベルの高いチームに飛び込んだのだから無理もない。

多くの場合は緊張が原因だと想像される。
便秘・下痢・頭痛・悪寒・発熱がよく見られる。
緊張から自律神経系が失調してしまうようだ。
こうしたことから起こる心因性の発熱を
サイコフィーバーと言うのだそうだ。

いずれにせよ、新しい環境に慣れること、
積極的に溶け込もうとすることが
一番の解決だと思う。
城島の元気を見習おうではないか。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-29 18:46 | スポーツ栄養アドバイザー

春合宿

f0036759_8571453.jpg
日本エアロビクスセンター朝一番の景色です。森では鶯が上手に囀っていました。ただ、生憎の曇り空。各チームの朝練習が始まりだした頃から更に冷え込んできました。トラックでは朝から実業団チームが緊張感ある走りを見せてくれました。疲れ切った身体を解そうと、もくもくと練習する高校生たちの姿もありました。春のトラックシーズンを目前に控え、どのチームも最後の追い込み中のようです。体中の張りが癒えた時、身体も心もステップアップしていることでしょう。好スタートが切れますように。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-28 09:11

我慢

我慢は続かない。
最近、つくづくそう思う。
嫌だと思った瞬間から
そこにストレスが発生する。

はじめの心が大切だと教わった。
今思う、本当にそうだと。
好きだと思った自分、
大切だと思った自分、
頑張ろうと思った自分が
そこにあったじゃないか。

ダメになりそうな時、
人の所為するのは簡単だ。
でも、よく考えてみると
ダメになってしまったのは自分なのだ。
素晴らしいと思っていた自分を思い出せ。

初心忘るべからず。
はじめの心が肝心だ。
我慢してると思ったら君は危険信号。
アスリートなら仲間を、チームを信じるのだ。
結果が出せるまで貫き通せ!
[PR]
by cf-seria | 2006-03-27 18:40 | スポーツ栄養アドバイザー

すきま産業

昨日、ある学校の先生と一緒に
モチベーションを高めるという
何やら眉唾ものシステム販売の営業を聞いた。

誰も自分の潜在能力を100%発揮していない。
みんなモチベーションを高めるだけで人生が変わるのだと力説していた。
話題の中で某大企業やスポーツチームの名前も挙がっていた。

目標を明文化すること。
反復すること。
目標に期限を決めろ!
イマジネーションがポイントだ!
だから?、毎日CDを聴けとのことだった。

最後の最後に値段を聞いてビックリ!
ヒャーと言ったら用は無いと見られたらしく
そそくさと帰っていった。
危ない危ない...。
モグロフクゾウより恐ろしい気がした。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-24 08:27 | スポーツ栄養アドバイザー

春風

春風に誘われて
会社から程近い
万木城に行ってみました。

展望台から九十九里の南端、
太東岬を望むと太平洋に白波が立っていました。
今年は雪の影響で春が遅れ気味です。
それでも旧夷隅町市街を望むと
田んぼに水が引かれていました。
もうすぐ辺り一面が鏡のようになることでしょう。

季節も自然も人の暮らしも
春の準備は着々と進んでいます。
この世界ばかりは一発大逆転はありえません。
日々、やるべきことをやることが
何より肝心なのだと教わっているのですが...。
f0036759_8141834.jpg
f0036759_8143271.jpg
f0036759_8144694.jpg

[PR]
by cf-seria | 2006-03-22 13:14 | スポーツ栄養アドバイザー

合宿を終えて

千葉国際クロスカントリー大会に出場された皆さん、
本当にお疲れ様でした。
生憎の天気だったようですが、
思い通りに走れましたか?

「クロカンでお会いしましょう」
を合い言葉にしていたのに
機会を逸してとても残念です。
毎年楽しみにしていた千葉市民クロカンも
出場を逃してしまいました。
是非、来年走ろうと思っています。

この週末、私はいすみ市内で合宿をしておりました。
今年は9月にオーストラリアとニュージーランドへ演奏旅行に出かける予定です。
ですから、この先も
大事な大会と合宿や強化練習が重なってしまうことが
ありそうですが関係者の皆様、どうぞご容赦下さい。
もちろん、合唱団員としての責任もあります。
ただ、スポーツにも負けない真剣な活動を経験しているからこそ
お伝え出来ることやお話出来ることもあろうかと思っています。
7月の国内演奏会を経て
海外で最高の演奏が出来るように頑張りますので、
どうぞこれからもご理解とご協力をお願いします。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-19 23:38 | 音楽と私

イチローの顔

イチローの顔見ました?
あんな顔の日本人は久し振りです。
語らずとも思いの強さが十分溢れていました。

安馬の顔見ました?
あんな強かな相撲は久し振りです。
勝負の世界の厳しさを思い知らされました。

韓国チームの形相は凄かった。
絶対に負けないと信じているのが伝わってきた。
日本チームはこれはダメだなというのが見ていて分かってしまう。

勝負どころで
負けが分かってしまうのは何故だろう。
日本代表が今の日本人をそのまま映しているようで
今日の敗戦が人ごとでは済ませられなくなっている。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-17 01:48 | スポーツ栄養アドバイザー

統廃合

このところの通勤風景に
どことなく違和感を覚えていた。

そう言えば高台にそびえている
勝浦若潮高校の御宿校舎、
かつての御宿家政高校前の
パン屋さんが取り壊されていた。

道路の拡幅工事の
邪魔になっていたのだろうか。
いや、よく考えてみると
女子高生たちの通学姿が
すっかり消えていることに気付いた。

けっしてお上品ではなかったが、
パン屋からぐるりと坂を上る姿は
青春ドラマを彷彿させてくれて
懐かしくも羨ましく思っていた。

これからどうなるのだろう?
青春映画のロケ地にでもなるのだろうか。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-14 23:53 | スポーツ栄養アドバイザー

実家にて

週末、久々実家に帰った。
昨夏、母が急逝し親父は現在一人暮らしを満喫中。
友人達が色々差し入れしてくれるらしく、
つまみと酒には事欠かないようだ。
鍋にはもつの煮込みがしこたま仕込んであった。
初めて食べる親父の料理。
これが案外旨かった。
どうやら食事はあれこれ考えているらしい。
自家製ヨーグルトも作り続けている。
母の菌は今も生き続けていた。

マシーン・ローイングをやり過ぎたらしく、
座骨神経痛に悩んでいた。
毎日16時に仕事を上がって
理学療法を受けているそうだ。
それでも練習やトレーニングは欠かさない。
ベンチプレスやショルダープレスはやっていると豪語していた。
さすがに以前に比べると
筋トレ不足が影響して体重が5キロ減。
これには高齢者にとっての筋トレの意味を
考えさせられた。
やり過ぎは良くないが、
筋トレは大事だということだ。

試しに親父の名前をインターネットで検索してみた。
一昨年までの成績が掲載されているページを発見。
フィールドアーチェリーBBスタイル2004年度ランキング13位。
全日本フィールド選手権、全日本社会人選手権も連続出場が続いている。
念願の世界選手権は諦めていないようだ。
現在75歳。
右手の人差し指を仕事で落としてしまっているので、
中指と薬指で40ポンドの弓を引く。
ちなみに殆どの選手は36ポンドくらいである。
私のセリア愛用者の中でも最高齢アスリートである。
[PR]
by cf-seria | 2006-03-13 23:58 | スポーツ栄養アドバイザー