スポーツ交遊日記    山根武司 シーエフスポーツ事業部所属。 サプリメント「セリア」の企画開発営業を担当する一方、スポーツ栄養アドバイザーとして陸上・長距離ほか多方面で活躍中。


by cf-seria

カテゴリ:はじめの一歩( 33 )

引っ越しました

みなさん、ご無沙汰して済みません。
年末から年始にかけて少しずつ引っ越し作業を進めていました。
ようやく、新居に落ち着いたところです。
終の住処ではありませんが、
何をするにも拠点となれる家になりました。
お近くにお寄りの際はどうぞ、遊びに来て下さい。
ランニング、水泳、サーフィン、音楽、BBQなど皆さんのご希望に添えるように
これから少しずつ揃えてお待ち致します。
今朝は外房には珍しい雪景色となりました。
ちなみに車もコンパクトな軽自動車に買い替えました。
新しい車はまだまだ見慣れないようで、
どこへ行っても覗き込まれます。
早く、覚えて下さい。
山深い所のように見えますが、
住所は千葉県いすみ市岬町桑田です。
どうぞ、よろしく。
f0036759_18261241.jpg

f0036759_18274975.jpg

[PR]
by cf-seria | 2012-01-24 18:26 | はじめの一歩

後輩

広島県は世羅で観光農園を営む後輩に電話。
寒波の影響で世羅辺りは雪景色とのこと。
「暇か?」と訊ねたらハウスの作業があるからとバッサリ!
たまには出て来て後輩たちの合宿を手伝って欲しいんだけど・・・。
相変わらずロードレースや駅伝、トライアスロンと何かと忙しい様子。

せっかく走れる後輩がいるのだから、
奴に学生をひっぱってもらおうかと考えた次第。
どうせなら2〜3泊のつもりで出てこいやぁ!!!
ランニングで後輩を引っ張ってくれたら
水泳を教えてあげようぞ!
サーフィンだって。

あれこれ交換条件を提示。
そんなに休んだらパートのおばちゃんたちがうるさいんだそうで。
うちの後輩諸君、昔からおばちゃんには弱い。
仕方ないか。
そう思いながら朝の連ドラを観た。
(後輩君は尾道育ち)
やっぱり男の情けなさが目立つ。
しょうがないか・・・。
[PR]
by cf-seria | 2011-01-13 09:46 | はじめの一歩

48歳になりました。

1月7日(七草)の日に48歳になりました。
次の卯年には60歳になるのかと思うと少々焦ります。
去年は自己ベストが何一つ達成出来ませんでした。
48年もののマホガニー材で作られたヴィンテージウクレレを購入したのが一番の出来事でしょうか。
まだまだ鳴らしきれませんが音程の正しさは大変気に入っています。
そうそう、背泳やバタフライをマスターしたのも大きかったかな。
今年は個人メドレーにチャレンジしながらフリーに磨きをかけたい。
その先には必ず自己ベスト更新を達成させます。
あと2年でマスターズもクラスが変わってしまいます。
やばっ!

昨夏、シドニー在住の先輩から「トライアスロンに出るぞ!」と
お誘い頂きました。
そんな訳でオリンピックディスタンスで初チャレンジしたいと思います。
先輩の勢いは凄まじいものがありました。
その勢いでオパールを掘り当てたのですから驚きました。
人間、勢いが大事だと改めて思っています。
「思わないと成し得ない」
先輩の言葉は忘れません。

今月、30日(日)にコールファーマー定期演奏会を控えています。
新曲が多く暗譜に苦労していますが、
どれも素敵な曲ばかりで皆さんにも是非、聴いて頂きたいと思っています。
日本の叙情歌曲などは本当にどれも素晴らしい作品ですが、
今の時代、他ではなかなか聴く機会に恵まれないものばかりです。
古き良き日本の歌を再発見されることでしょう。
お正月も、連休もなく合宿練習しています。
是非、ぜひ、皆さんお誘い合わせでお越し下さい。
お問い合わせは山根まで。
take4sun@lilac.plala.or.jp
take4kun.mt.ne@docomo.ne.jp
090-8841-9447
まで、ご連絡をお待ちしています。
[PR]
by cf-seria | 2011-01-11 11:01 | はじめの一歩

長田、柴田へ

先日、留守電の点滅を確認。
スイッチを押すと懐かしい声が・・・。
高校時代の野球部マネージャー○田さん。
すっかりご無沙汰の僕を捜して
ネットで検索かけて見つけ出してくれたのでした。
何しろ、野球とは無縁の生活。
いやいや部屋にはバットもグラブも飾ってありますが・・・。
野球は大事な心のスポーツ。
普段は静かに閉まってあります。

僕ら同期3人は卒業後、一度も連絡をしたことがありません。
どこで何をしているのやらお互い全く知らないのです。
そんな我が道を行くタイプばかりだったので
当時からマネージャーのみんなには迷惑かけっぱなし。
情けないことに未だに困らせているようなのです。
実は日頃、反省を込めて、
選手たちにはこう言っています。
「マネージャーを大切に!」
今更手遅れですね。
みんな幸せに暮らしているようで何よりです。

長田に、柴田。
もし、何かのきっかけでブログを見つけたら、
コメントでもメールでも下さい。
連絡先くらい知らせないと、
また、迷惑かけることになりそうだから。
[PR]
by cf-seria | 2008-10-20 07:26 | はじめの一歩


今年もこうして出場することが出来ました。
yfmiuraさんには色々ご協力いただき心から感謝しております。
お陰様で自己ベストを更新することが出来ました。
本当に有り難うございました。
nanohana824さん、いつもご声援有り難うございます。
とても心強く思っています。
satoshi君の出場にも勇気づけられました。
そしてKさん、お手伝い有り難う。
Y君、S君これからも頑張ろう。
大会事務局の方にも色々ご相談させていただきました。
また、ラッシュガードのメーカーのOさんにも相談に乗っていただきました。
本当に皆さん、有り難うございました。
最後に応援下さった陸上選手のみなさん、
報告とお礼を込めて映像をご紹介します。
本当に有り難うございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by cf-seria | 2008-07-23 17:55 | はじめの一歩

実は・・・

このところ体調がよくありません。
と言っても病気なのではなく、
どこかスッキリしないのであります。
見かけによらずどうもデリケートで
情けない自分にガッカリです。
気圧の所為だと嘘でも思いたい。
仰ぎ見る薄曇りの空の光が目に痛い。

やる気は十分でも体がついてこない。
疲れるだけならまだ良いのですが、
そんな中、言いようのない不調に襲われます。
いつも元気でありたい。
でも難しい。
自分にほとほと困っています。

高校時代にノックを浴びながら
遠のいていく意識の中で
「何でだ!」と思いました。
そんなコンプレックスが
今の仕事へと導いてくれたのかも知れません。

多少調子が悪かろうと
体は必ず動かすようにしています。
最初は嫌な汗でも
徐々に体が落ち着いてくる。
そうか、体に馴染むように運動すれば良いんだ。
40歳後半になって漸く少し出来るようになりました。
それでも加減が難しい。
厄介な体です。
[PR]
by cf-seria | 2008-06-07 10:04 | はじめの一歩

懐かしの一枚

f0036759_9275139.jpg
大学の後輩から懐かしい写真と共に
「また、一緒に走りたいですね。」
と一文添えてありました。
彼は今、広島県の世羅陸協所属し
マラソンやトライアスロンに活躍中。
「よし、いっちょやるか」
楽しみがまたひとつ、増えました。

※写真提供 黒瀬優太(ゼッケン77)
      山根武司(ゼッケン81)
[PR]
by cf-seria | 2008-03-06 09:45 | はじめの一歩
f0036759_13175733.jpg
スポーツ栄養情報満載
メルマガ・セリア通信vol.18
好評配信中!

[PR]
by cf-seria | 2008-01-01 13:18 | はじめの一歩

心に響く言葉。

これは直接聞いた言葉でないのです。
先輩から伝え聞いた恩師の言葉。
なるほど・・・。
決して優しい言葉でもなく、
さりとて厳しい言葉でもなく、
今の自分を戒め、
未来に楔を打ち込んでくれる良い言葉です。
「自分の出来る範囲で物事をやっていても、社会が進歩すればそれは、後退に過ぎない。

こういう適切な言葉で言い当ててくれるって、
やっぱり普通の人じゃないと思います。

何だか走りたくなりませんか???
[PR]
by cf-seria | 2007-12-03 10:42 | はじめの一歩

一歩踏み出して

今年はマスターズ水泳初挑戦。これは大きな経験となった。未知の世界へ足を踏み入れることへの不安は想像を遥かに上回った。年齢の所為もあるかも知れない。要らない常識が勝手な想像を膨らませてしまったかも知れない。スタート台を前に恐怖さえ感じた。何て情けない。でも、これが現実だ。

この数年の自分が如何に知ったかぶりでいたか。安定した場所に胡座をかいていたかを思い知らされた気がする。思えば今の仕事を開拓しようとスタートした頃、毎日毎日世間の壁に跳ね返され打ち拉がれていた。高い理想と正義感ではじめたこととはいえ、現実はとても厳しかった。開拓者はいつも先頭で真っ暗闇を突き進むしかない。

安定は人を臆病にする。いつしか扉を閉ざし自分の殻にこもってしまう。あとは退化の一途を辿るだけだ。そんなつもりはなかったのに、いつしか自分がそうなっていた。若い頃に産出し続けた生命力の貯金は出来ないのだ。あの手この手で燃やし続ける。そう決心して苦手にチャレンジした。

スポーツは素晴らしい。ダメな自分をさらけ出してくれる。ダメな時こそ走ってみるものだ。さらけ出された惨めな自分に気がついたことが幸いだった。ロードレースや走る機会を作り続けてくれた仲間にも感謝している。ダメになっているのはスポーツに限ったことではないと思う。すっかり臆病になった自分が大勢いる。口ばっかりの嫌われオヤジならないようにあれもこれもと思っている。
[PR]
by cf-seria | 2007-11-26 11:47 | はじめの一歩